スポンサードリンク

寝ているときに「いびきをかいているよ」と

家族に言われたことはありませんか?

いびきを改善方法と原因についてご紹介したいと思います。 

女性の皆さん、ご安心を!いびきがうるさい原因を徹底解説します!

 

男性の方がいびきをかく人は多いですが、女性でも10人に1人の割合でいびきをかくそうです。

では、ここでいびきの原因をお伝えいたしますね。

 

脂肪、筋肉で空気の通り道の気道が狭くなることで

いびきをかいてしまいます。

気道が狭いと空気が通るときに空気抵抗が大きくなるので、

呼吸をした時に粘膜が振動すると大きな音を出しています。

 

口呼吸は、寝ている時に口で呼吸をしていると

重力で舌が落ちて上気道が狭くなります。

人間の呼吸は、口より鼻で呼吸した方がいいです。

口で呼吸をすると口の中が乾燥して歯周病、口が臭くなったり、

口からウイルスが体に入りやすくなります。

鼻炎の人、花粉症の人は口で呼吸するので鼻を治すと

鼻呼吸ができるようになります。

 

あおむけで寝ていると重力で舌が喉の奥に落ちて

空気が通る道が狭くなりやすくなります。

寝る時は横向きで寝れるように、クッションを使って抱き枕にしたり、

横になりやすい姿勢で工夫をすることが大切です。

 

体が太ってしまったり身体の変化があるといびきの原因になります。

喉まわりに脂肪がつくと空気が通る道が狭くなり眠る時に

重力がかかるのでさらに気道が狭くなりますが、

疲れ、ストレスが原因でいびきが出やすくなります。

 

太っていない、鼻炎でもない人は、扁桃腺の肥大の可能性があります。

スポンサードリンク

アナタのいびきの原因は?知って自分に合った対処法でいざ、実践!

 

原因その1:ストレス

普段の生活からストレスをためないように工夫することが大切です。

いびきを習慣化しないように眠る前にお風呂に入ったり、

簡単なストレッチなどをしたりリラックスできる時間を過ごすことが大切です。

原因その2:お酒

お酒は眠る前まで飲まないようにしましょう。

寝る3時間前はお酒は控えましょう。

寝れないから寝酒をする人は睡眠の質を落としているので辞めましょう。

お酒を飲むと寝つきは良くなりますが時間が経つと眠りが浅くなるので

二日ぐらいたっても疲れが残ってしまう原因になります。

眠る時にお酒を毎日飲んでいる人はアルコールに依存する可能性が高くなるので

お酒を飲む以外で眠れる方法を試してみることが大事です。

原因その3:鼻呼吸

鼻で呼吸をするのが苦手な人は、鼻呼吸トレーニングをすることをおすすめします。

鼻腔(びこう)を広げてくれる市販のテープがあります。

鼻呼吸がしやすくなりますし、眠っている時の口呼吸を防ぐためには

日中起きている時に鼻テープをつけて鼻呼吸をすることで

自然と鼻で呼吸ができるようになります。

 

マウスピースは市販の薬局で買うことができますし、

歯医者さんで作ってもらうことができます。

1つ10万円以上する高い物からリーズナブルな値段があります。

 

鼻マスク(CPAP)を使うにはお医者の診断が必要になります。

病院から月額5000円程度(3割負担の場合)で借りることができます。

 

鼻がつまっている人は鼻で呼吸をするのが難しいので

寝ている時は口で呼吸をしてしまいます。

口呼吸をすると鼻呼吸のときよりも気道が狭くなるので

空気抵抗が大きくなるためいびきの原因となります。

 

鼻のつまりがひどくない時は、市販のドラッグストアで売られている

鼻の通りを良くするテープを鼻に貼ることで鼻のつまりを改善することができます。

ドラッグストアで20枚500円くらいで買うことができます。

原因その4:鼻づまり

鼻づまりを改善するために高周波ラジオ波の治療ができます。

手術後は通院が必要になりますが、手術費用は約5000円程度です。

原因その5:扁桃腺

扁桃腺が大きくなるのを予防するには、手洗い、うがいをして

免疫力を高めるためにビタミンCを積極的にとって、

喉を乾燥から守るためにマスクをする必要があります。

 

大人になると自然と小さくなることはないので、

いびきを解消する時は手術で扁桃腺を切る必要があります。

 

入院は1週間~10日前後で入院日数で違いますが

費用は約15万円くらいになります。

さいごに

いびきの原因を知ることでいびきの原因にあった改善方法で治すことが大切です。

軽いいびきは心配する必要はありませんがいびきがひどいときは

、寝ている間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群などの可能性があるので、

一度耳鼻咽喉科、睡眠クリニックで相談しましょう。

 

スポンサードリンク