スポンサードリンク

子供がよく鼻血を出したり鼻水が出たりすると心配しますよね?

そこで鼻血、鼻炎はどんな原因、関係があるのかわかりやすくまとめてみました。

鼻炎で鼻血が止まらない!見逃さないで原因と病気の予兆9つ!

子どもの鼻血はアレルギー性鼻炎と鼻いじりによるものも多いです。

小児の鼻血の原因は、アレルギー性鼻炎、鼻いじりをしてしまいます。

アレルギー性鼻炎は、鼻の内側が炎症を受けて鼻の粘膜が荒れて

血管が破れやすい状態になっています。

鼻を触ると少しの刺激で出血してしまいます。

 

子どもの鼻血は上気道炎のあとにも起こりやすく、

粘膜への刺激、アレルギー性鼻炎、上気道炎の後に出やすいです。

上気道炎は、かぜ症候群です。

成長と共に色々なウイルスに対して免疫がつくので

かかる人は少なくなります。

 

アレルギーを持っている人は、子供に多いのが特徴です。

去年までは花粉症の症状がなかったが今年はくしゃみが出て

何だか目がかゆいという人は多いと思います。

花粉症を持つ人は、約25%いてアトピー性皮膚炎は、

赤ちゃんの時にかかると大人になるまで持ち越す人も多いそうです。

 

病気の兆候について9つの病気があります。

【気管支ぜん息】

子供が咳をしているので風邪かと思っていたら、ゼーゼーしてきた。

胸が苦しそうに動いて呼吸をする症状があります。

【アレルギー性鼻炎】

一年中症状が続いたり、特定の季節にだけ症状が出ます。

【アレルギー性結膜炎】

季節性、通年性とも目のかゆみ、充血です。目に痛み、ゴロゴロとした異物感が現れる時があります。

アレルギー反応がひどいとまぶた、白目が腫れたり、ゼリー状の目やにが出ます。

【アトピー性皮膚炎】

皮膚の乾燥、かゆみを伴う湿疹が現れる皮膚の病気です。

症状が良くなったり悪くなったりする状態を繰り返します。

【食物アレルギー】

子どもに多くみられるのが特徴です。

6歳以下の乳幼児が患者数の80%近くを占め、

1歳に満たないお子さんでは10~20人にひとりの確率でかかります。

【アナフィラキシー】

原因となるものを食べたり、触ったり、吸い込むなど注入されるなどによって

体の中に入った時に急に急激に進む全身に起こるアレルギー反応です。

【薬物アレルギー】

薬物の影響により引き起こされるアレルギーのことをいいます。

【花粉症】

熱があるか確認しましょう。

花粉がとぶ時期に熱がないのにくしゃみ、鼻水が止まらない時は

花粉症の可能性があります。

目のかゆみ、目が充血していたら花粉症です。

【じんましん】

小さくて青白い発疹ができます。

腫れた部分が少し盛り上がり周りの皮膚は赤くなります。

皮膚より深い身体の中が広く腫れることもあります。

スポンサードリンク

鼻炎による鼻血であれば治療の検討も!治療法と病院まとめ

 

【鼻炎の治療方法】

アレルギー性鼻炎を治すには難しいです。

自然と治る人は全体の数%です。

アレルギーの病気については、十分な解明がないので、

根本的な治療方法というものが存在していない状況です。

 

治療の中心となるのはアレルゲンを避ける生活環境を整えたり、

アレルギー性鼻炎の症状をやわらげるための治療になります。

 

アレルギーに対する飲み薬、鼻のスプレーで症状をやわらげることができます。

市販で売っている薬は大人用が多いので、子供用は病院で受診してもらいましょう。

【鼻炎の病院】

耳鼻咽喉科は、鼻の症状なので、他の鼻の病気もないか一度耳鼻科を受診しておきましょう。

鼻水を吸ってもらったり、ネブライザー薬の吸入の処置が受けられます。

 

アレルギー科は、総合病院にあるようなアレルギー科は、アトピー性皮膚炎、

ぜんそくの症状がある時は、同じ診療科で合わせてみてもらいましょう。

皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科などと連携があるといいですよ。

【鼻血の治療方法】

頻繁に鼻血が出る時は、一度受診しましょう。

子供の鼻血をとめるには、正しい止血法ですぐに止まります。

鼻の穴を傷つけたり、ぶつけたりして出たものも止血法で止まります。

【病院】

鼻血を専門としている病院は耳鼻咽喉科です。内科、小児科でも診察をしてくれます。

専門の耳鼻咽喉科に行く事をおすすめします。

さいごに

子供が鼻炎などのアレルギーのある病気になると心配になりますし、

どの病院に連れていけばいいのかわかりづらいですよね?

上記でまとめたことを参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク