スポンサードリンク

お料理やお菓子作りの際、時々出てくる作業の一つ…

「卵の黄身と白身を分ける」

 

皆さんはどんな方法でやっていますか。

 

私は、最初、ごく普通の一般的な方法…

卵の殻を割って、割れた殻と殻で黄身を移動させ、

白身だけ落とす方法でやっていました。

 

でも、このやり方だと、

移動させるときに黄身が殻の端っこに当たって割れてしまったり、

殻の破片が白身に混ざってしまったりすることもしばしば。

 

結構面倒だし、失敗も多いのです。

 

卵の黄身と白身を分ける作業は、

料理の最初でやることがほとんどですよね。

序盤から失敗して、すっかりやる気がなくなってしまうことも…(笑)

 

でも、実は簡単に黄身と白身を分ける方法があるんです!

しかも、たくさん!!

 

今回は、そんなコツや素敵な道具をご紹介します。

目からウロコの方法!卵の白身と黄身を上手に分けるコツを紹介

家にあるもので、黄身と白身を上手に分けることができる技をご存じですか。

いくつかご紹介します!

【黄身をすくうやり方1】

  • お茶碗に卵を割りいれる。
  • 少し大きめのスプーンかれんげで黄身だけすくう。

【黄身をすくうやり方2】

  • お茶碗に卵を割りいれる。
  • 割れないように気を付けながらお玉で黄身をゆっくり押し付けると、黄身だけするっとお玉に入ってくる。

【黄身を吸い込むやり方】

※数が多いときに便利な方法です。

  • きれいに洗って乾かした柔らかめのペットボトルを用意。
  • お茶碗に卵を割りいれる。
  • ペットボトルをちょっとへこませて、黄身の上におくと、黄身だけ吸い込まれる。
  • ペットボトルのへこみを戻して、黄身を別皿へ。

【黄身だけをこすやり方】

  • お茶碗に卵を割りいれる。
  • 豆腐をすくうときに使う穴あきお玉で黄身をすくい、少し揺らすと白身が落ちる。

いずれも、一度卵を容器に割りいれてしまうという方法ですね。

簡単な方法ですが、卵の状態によっては

きれいに黄身だけとれない場合もあります。

スポンサードリンク

プロの料理人が推薦!卵の白身と黄身を分ける優秀な道具5つ

ここまで、様々な方法をご紹介してきましたが…

卵黄と卵白を分ける専用の道具があることをご存じですか。

 

その名も…

「エッグセパレーター」

(そのまんまですね!!)

 

さすがに専用の道具というだけあって、きれいに分けることが可能です!

人気の物をいくつかご紹介します!

■SALUS エッグセパレーター

シンプルかつ購入しやすい価格なのが人気!

小さいので、しまう場所もとりません。

詳細はこちら

■ペレグデザイン エッグセパレーター ヨークフィッシュ

ペットボトルを使う方法と同じく、黄身だけ吸い取るタイプのエッグセパレーター。

金魚の口から黄身が出てくる様子が何ともユニークでやみつきに!

金魚の他にブタとカエルのシリーズもあります。

詳細はこちら

■OXO エッグセパレーター

エッグセパレーター自体をボウルのフチに引っ掛けられるという優れモノです。

また、商品についている突起部分で殻を割ることができ、

殻の破片が入りにくいなど、かなり細かい配慮がなされた設計です。

詳細はこちら

■持ち手付きエッグセパレーター(黄身取り器)ステンレス製

持ち手が長く、爪がついているので、

小さめのボウルにひっかけて使用することができます。

シンプルながら、よく考えられた構造です。

詳細はこちら

■スタジオ キュイジーヌ エッグセパレーター

オシャレ感抜群のエッグセパレーターです。

キュイジーヌ プアリングジャグ(別売り)を

下にセットすると、より使いやすくなります。

詳細はこちら

さいごに

いかがでしたか?

ご紹介した方法や専用道具を使うと、

卵の黄身と白身を分けるというあの地味な作業が、

一気に楽しくなる気がしますね。

 

絶対に必要なわけではないけれど、あれば便利な道具というのは、

プレゼントに最適です。

 

あなたが使いたい場合は、プレゼントとして

リクエストしてみるのも良いかもしれませんね!

スポンサードリンク