スポンサードリンク

断捨離という言葉が浸透し、片付け術なる本が書店に並ぶ今日この頃ですが、

皆さんはどんな部屋にお住まいですか?

 

【1】すぐにでもお友達を呼べるぐらいキレイ

【2】ちょっと散らかっているけれど、生活には支障がない

【3】足の踏み場がなく、しょっちゅう探し物をしている状態

【4】汚部屋というより、もはやゴミ屋敷

 

【2】に当てはまる人は、少し頑張れば、自力でキレイにできるタイプでしょう。

 

しかし、【3】【4】に当てはまってしまった人は、

かなりのめんどくさがり屋さんですね。重症です(笑)

 

部屋が汚くなる一番の原因は、住む人の性格によるものです。

 

几帳面な人なら、どんなに忙しくても部屋はそれほど散らかりません。

なぜなら、使ったモノをきちんと元の場所に戻すからです。

 

めんどくさがり屋さんは、基本使ったら出しっぱなし。

「後でやるから…。」と思っているうちに、

同じことを繰り返し、最終的には足の踏み場がなくなります。

 

それでも、よくモノを失くしたり、

着たい洋服がすぐ見つからなかったりすると、

さすがに「片付けなきゃ」と思うはず。

 

そこで片付けスイッチが入るかというと、それはまた別の話。

散らかっていればいるほど、片付けのハードルは上がり、

スイッチが入りにくくなるものです。

 

今回は、片付けのやる気を起こす方法と、片付けの手順をご紹介します!

スポンサードリンク

ココだけの話!汚部屋の片付けの時、やる気を起こす5つの方法伝授!

■素敵な部屋を見てみよう!

インテリアショップのサイトやインテリア系の雑誌を見てみましょう。

そこには、おしゃれな暮らしが広がっています。

自分の理想の部屋をイメージするために、

いろいろなお手本を見ることが大切です。

■モデルルームやインテリアショップに実際に行ってみよう!

映像や写真で見るより、もっと憧れが強くなります。

実物を見ることで、あなたが住みたい部屋を、

よりイメージしやすくなります。

■リサイクルショップを調べよう

足の踏み場もないような部屋ということは、

モノが多すぎて溢れている状態です。

とにかくモノ減らさなければなりません。

片付けが苦手な人は、捨てる行為が苦手という人が多いです。

捨てられないなら、売るかあげるかすれば良いのです。

持ち込まなくても宅配で送ればOKのところもありますので、

まず調べてみましょう。

■友達を家に呼ぶ予定をたてよう

来客は一番手っ取り早い片付け方法です。

自分のためだけに行動するよりも、人のため、または、

きれいにしなければという義務感で片づけを開始できるようになります。

かなり自分を追い込む方法です(笑)

■ゴミ袋を大量に買ってこよう

部屋の片づけは、まず捨てる行為からスタートします。

「捨てるんじゃなくてリサイクルに出すんだ!」という人も、

まずはゴミ袋にどんどん入れていく作業からになりますので、

とりあえずゴミ袋を用意しないことには何も始まりません。

プロが直伝!汚部屋からの脱出、片付けがわずか1日で終わるノウハウ

やる気が出てきたところで、片付け開始です!

まずは、ゴミ袋を手に立ち上がりましょう。

マスクがあれば、つけた方が良いでしょう。

 

まず、一番気になっている部分から開始します。

テーブルの上がモノで溢れているならそこから、

ベッドの上に服が山積みならばそこからスタートです。

 

ゴミ袋は3つ用意します。

〇捨てるモノ用

〇とっておくモノ用

〇判断できないモノ用

 

【テーブルの上編】

食べ終わった後の食器はとりあえず台所へ移動。洗うのは後です。

ペットボトル、ゴミなどはどんどん捨てます。

 

口のあいたままのお菓子は容赦なく捨てるか、

もしまだ食べたければ、冷蔵庫に放り込みます。

【ベッドの上編】

雨が降っていなければ、とりあえず布団はベランダに干しておきましょう。

布団の下にいろいろモノが隠れている可能性もあります。

 

衣類は、ゴミ袋にどんどん分類して入れていきます。

とにかく一瞬の判断に任せて入れていきましょう。

一度考え込んでしまうと、片付けが進まなくなります。

 

下に埋もれていた衣類は

長い間着ていなかった衣類=別に着なくても良い衣類 

なので、捨てても大丈夫です。

 

洗濯物など汚れた衣類は、すぐ洗濯機のところへ移動します。

洗うのは後でしましょう。

【床の上編】

本や雑誌を、他のものと分けましょう。

これらは捨てるにしてもゴミ袋は使わないので、

ひとまず部屋のすみに積んでおきます。

最終的に、ひもでしばってゴミの日に出しましょう。

 

もちろん本も古本屋さんに売ることはできますが、

余程状態が良いか、新刊でないと高値はつきません。

労力を考えると、捨てた方が良い場合が多いです。

 

それから、作業中に、本を読み始める行為だけはやめましょう!

 

【クローゼット・押し入れ編】

衣類は引き続き容赦なく分別していきます。

とにかくスピード勝負です。

量をこなしているうちに、判断も慣れてくるでしょう。

 

人からもらった物は結構捨てるのを躊躇しますね。

特に、小物や置物などは、一つ一つが小さかったりすると、

ついついとっておきがちです。

 

しかし、多くなればそれなりにスペースをとるもの。

本当に気に入っているモノ、

キレイになった部屋に飾る予定のモノ以外は処分しましょう。

長年埋もれていたモノ=存在を忘れていたモノ

これは、つまり、捨てても大丈夫ということですよ。

 

ここまでで、ゴミ袋は何袋になったでしょうか。

収納スペースは確保できましたか?

 

押し入れ、クローゼット、本棚など収納スペースを空けることができたら、

とっておくモノ用のゴミ袋の中身を、それぞれ収納していきます。

 

もし、途中で入りきらなくなった場合、仕分け作業の第二弾です。

本当に必要なものかどうかをよく考えてください。

そして、収納スペースに満タン詰め込むのは絶対にやめましょう。

最低でも9割以内にとどめておいてください。

 

捨てる用に入れたものは、後日リサイクルショップに出せるかどうか判断して、

もし売るのならば、1週間以内に売りにいきましょう。

それより先延ばしにすると、売りに行かない可能性が高くなります。

そうなると、またゴミに元通りです。

 

モノがなくなり床が見えたら、掃除機をかけたり、雑巾がけをしたり、

この機会にピカピカにしましょう。

台所の食器も一気に洗ってしまいましょう。

さらに洗濯機も同時に回せば100点です!

さいごに

いかがでしたか?

部屋の片づけは肉体労働だけではありません。

頭を使うので、思っている以上に疲れます。

だからやりたくないんですよね(笑)

 

せっかくキレイになった部屋を、長くキープするためには、

最初にお話しした、めんどくさがりな性格を改善することです。

 

しかし、性格を変えるのは簡単なことではありませんね。

 

そこで、生活にちょっとしたルールを決めてみましょう。

■出したものは定位置にすぐ戻す。

■安いからといって買いだめしない。

■衣類を買うときは、同じような服を持っていないか、

代用できる服が家にないか、よく思い出してからにする。

■一つ買ったら、一つ捨てる。

 

これができれば、モノが溢れることがありません。

 

あなたの理想の部屋で、これまでとは違った素敵な生活が送れることを祈っています。

スポンサードリンク