スポンサードリンク

断捨離を処分する方法とクローゼットに収納する方法をご紹介したいと思います。

【永久保存版テキスト】断捨離の際の服の処分方法をまとめました

 

断捨離は片付けするだけではなく、

自分の回りを整理すると執着心から解放されます。

身の回りのものが必要なのか?

使わないものを考えることで本当に必要なもの、

価値のあるものがみつかります。

 

断捨離の考え方を広めたやましたひでこさんのコメントは、

断捨離の断は使わないモノを断つ、捨は身の回りにあるいらないモノを捨てること。

離は、執着する気持ちから離れると好きな空間にいる自分だそうです。

 

3つのポイントを考えながらすると断捨離ができます。

3つのうちの1つや2つだけ行動に起こすと片付いた気持ちになりますが

すぐに元の状態になります。

 

一般的に女性は200~300枚近くの洋服を持っているそうです。

すべての洋服を着ている人はいないと思いますが…

女性はワンシーズンの必要な服の枚数が10枚だそうです。

 

【洋服を断捨離するコツは3つ!】

1:1年間着なかった洋服は捨てる

1年間着なかった洋服は取っておかずにすてましょう。

1年間着なかった服は次の年がきてもきません。

2:買ったらものをすてるようにする

クローゼットの中の洋服の枚数を一定に保つ方法は、

新しい洋服を1枚買ったら古い洋服を1枚捨てるをすると

収納棚がいっぱいになることはありません。

3:サイズの合わないものはすてましょう

痩せた時に着たいと思っていても

今の自分よりサイズが合わない服を

たくさん持っているのなら思い切って処分しましょう。

痩せてもその服を着るとは限らないので

痩せた時に考えることをおすすめします。

 

上記の3つのコツを守りながら洋服を片付けると

今よりもスッキリするので一度試してみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク


断捨離で要らない服にサヨウナラ!クローゼットおしゃれ収納裏ワザ3

 

1:クローゼットに入っているものを全部出します

クローゼットの洋服を全部出しましょう。

捨てるものと残す物を分けましょう。

捨てるときはありがとうと一言気持ちを込めていいましょう。

2:身に着ける位置でしまう場所が決まる?

身に着ける物でしまう位置を決めます。

頭にかぶる帽子は上の方に置いて、タイツ、靴下は下の方に置きましょう。

洋服類は真ん中に、体に着ける位置で収納する場所をわけると

分かりやすいのでコーディネートがしやすくなります。

バック類を収納するときは、大きなバックに小さいバックを入れてしまいます。

1つのバックに収納ができるのでバックがかさばらずにスッキリした印象になります。 

3:クローゼットにかける時は左に重心を置く?

自分からみて左に重たい物、かさばる物を収納する。

右側は軽いものを収納します。

少し右上がりにつるすと見た目もよくすっきりします。

4:つるすよりたたんで収納する

クローゼットにつるすより、畳んでしまった方がたくさん直すことができます。

かさばる衣類はつるして収納した方がいいですが、

他の服はたたんだ方が収納しやすいです。

5:収納するときは衣類を立てます。

畳み方は大丈夫ですが立てて収納すると見やすく、

かさばらないので自分が着たい服がみつかります。

タンスになおすときは服の色ごとに収納すると

見た目がきれいで分かりやすいですよ。

 

服それぞれの特徴、服を選ぶのに時間がかからない、

見た目も美しくなるため気分がよくなり片づけが長く続くことが理由だそうです。

さいごに

クローゼットに服をいれるときは横向きではなく

縦向きに入れると見た目がすっきりしていて

色も同じように収納するとその日の気分で選ぶことができるのはいいですね。

スポンサードリンク