スポンサードリンク

夏休みの宿題で最後まで残るのが読書感想文ではないでしょうか?

 

本を読んで感想を書く、選んだ本によっては1日で読み終わらないかも...

まして中学生になったら「面白かったです。」では、済みませんよね。

 

そこで、読書感想文の書き方のコツについて解説します。

ぜひ親子で参考に!読書感想文の書き方中学生の場合の例はこちら

読書感想文を書くときには、感想を書きやすいように

「主人公に共感できる本」を選ぶようにしましょう。

 

こちらのサイトで中学生の読書感想文に、おすすめの本が記載されています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

選びやすいように、簡単なあらすじと感想文の書き方が載っていますよ。

 

本を選んだら読み始めますが、読むときに「感動した場面」「心に残ったセリフ」

などに付箋を貼りましょう。

 

読み終わったら、ノートやメモに「本の感想」を思いつくまま書いていきます。

このとき付箋を貼った場所を読み直すと感想が出てきますよ。

 

メモに感想を書いたら、その中で1番伝えたい、言いたいことを選びます。

 

ここまで出来たら「構成」を考えます。

 

・題名

・書き出し

・本文

・まとめ

 

と、3部構成で書くのが、おすすめです。

 

題名については、「○○○を読んで」でも良いですが、

ちょっと違う題名を書きたい場合は

 

こちらに題名の書き方・タイトルのつけ方の例が記載されています。

参考にしてみてくださいね。

 

感想文で1番大切なのは「書き出し」になります。

読む人が興味を持つような文章を書ければ

 

その後、文章を書くのがラクになります。

 

・なぜこの本を選んだのか

・本を読んだ感想をまとめて一言で書く

・主人公のセリフなど、会話から書き始めみる

 

本文は、「特定の誰かに話すように」書いてみてください。

 

そして、あなたの素直な気持ちを書きましょう。

 

「感動したこと」「面白かったこと」などの他にも

「悲しかったこと」「悔しかった」「面白くなかった」などの感情も

感想になります。

 

ここまで書けたら、まとめになります。

 

「自分が本を読んで、どう変わったか」を書きます。

 

・本を読むことで、こんな考え方も出来るようになった

・本を読んで、目標ができた

・本を読むことで、こんなことを学んだ

 

などが書ければ大丈夫です。

スポンサードリンク

お子さんが困っている時に!読書感想文の書き方・書き出し鉄則

読書感想文の書き出しは、とても重要です。

 

感想文ならば「○○○という本を読んだ感想を書きます」

でもOKでしょが、後の文章を考えるのが大変ですよね。

本との出会いから書く

なぜ、この本を読もうと思ったのか?

本の表紙や、POPに惹かれたからとかでもOKです。

本の感想から書く

本を読んで思ったことを、簡潔にまとめて書きましょう。

続きは、なぜそう思ったのかを書いていてば大丈夫です。

疑問文から書く

最初に1文を疑問文から始めると書きやすくなりますよ。

そして、読書感想文には鉄則があります。

書き方をしっかりおさえておけば簡単に書けるようになりますよ。

こちらに感想文の鉄則が詳しく解説されています。

ぜひ、参考にしてください。

さいごに

夏休みの読書感想文の書き方についてご紹介してきました。

 

夏休みの宿題、たくさんあって大変ですよね。

 

時間のかかる読書感想文を早く終わらせて、長い休みを楽しみましょう。

スポンサードリンク