スポンサードリンク

小学生になると、夏休みの宿題がたくさん出ますよね。

 

親子で悩む宿題に読書感想文があります。

普段から本を読んでいるお子さんでも感想文を書くとなると難しいかもしれません。

 

そこで今回は、小学校低学年が簡単に書ける

読書感想文の書き方について書いていきます。

お子さんと必読!読書感想文の書き方のポイント5つ!

まずは本を選びましょう。

 

お子さんが「面白い」「興味がある」本を選ぶことが重要です。

興味を持った本なら、絵や写真がたくさん載っている図鑑でもOKです。

 

読み聞かせで使った絵本などでもいいですよ。

 

面白かったところや、感動したところに付箋を貼りましょう。

あまり多いと、ワケがわからなくなってしまうので

 

2~3ヶ所に絞るといいですね。

 

そして、面白かったなど感想を付箋に書きます。

お子さんが付箋に感想を書くので、大きめの付箋を用意してあげてください。

 

それでは、読書感想文を書いていきます。

 

書き出しは、

「わたしは(ぼくは)、○○という本を読みました。」で大丈夫です。

 

次に、この本を選んだ理由を書きます。

 

「絵が好きだから」「前にお母さんに読んでもらったから、今度は自分で読んでみた」

などでOKですよ。

次は、感想文の中心になります。

付箋を貼った2~3ヶ所についての感想を書きましょう。

 

そして、自分ならこうするのにということを書くと良いですよ。

 

最後に、これから自分はどうしたいか・どうするかなどを書いて

読書感想文の出来上がりです。

 

小学校低学年の読書感想文は、読める文字と意味が通じる文章で

子供が正直な感想を書けば大丈夫です。

 

学校側も、子供の正直な感想を期待しています。

スポンサードリンク

親子でどうぞ!読書感想文の書き方・オススメの例厳選まとめ

正直な感想といっても、なかなか難しいですよね。

 

読書感想文のオススメな例や書き方をご紹介します。

 

こちらでは、小学校1~2年生の読書感想文の例と

書き方が詳しく載っています。

 

このサイトでは、ワークシートを使った簡単な読書感想文が例文つきで載っています。

ワークシートは日記にも応用できるそうですよ。

 

こちらでは、書き方・例文のほかに「気持ちを表す言葉」なども

記載されています。

 

このサイトでは、例文・書き方・親が手伝うところ

手伝ってはいけないところなどが載っています。

 

ママさん・パパさんは、ぜひ参考にしてください。

 

こちらのサイトは、書き方・例文も詳しく載っていますが

ママさんが読んでも参考になりますよ。

さいごに

小学校低学年の読書感想文についてご紹介しました。

 

私も子供の頃や、子育て中に読書感想文を書くのに悩みました。

 

夏休みは長いですが、苦手な宿題から終わらせて

熱い夏をエンジョイしてください。

スポンサードリンク