スポンサードリンク

お盆と聞くと全国的に8月13日~8月16日までの間です。

 

8月13日     夜に迎え火をして先祖を迎える

8月14日、15日  仏壇にお供えをして、迎え入れた先祖を供養する。

8月16日     送り火をして送り出す

 

といったのが主なお盆の時期ですが、

お盆の行事は、もともと7月に行われていました。

お盆の風習の始まりは、平安時代から定着していたと

言われています。

 

3つのお盆があり、明治時代以降、新暦(太陽暦)が

導入され定着したことで、

8月のお盆が生まれ、3つの時期に分かれたのです。

 

その中で、東京の一部などでは7月にお盆というのを知っていますか?

なぜ7月にお盆なのか以外と知らないお盆について

今回はご説明いたします!

まず知っておこう!東京のお盆はそもそもいつからいつまで?

 

東京など関東圏の一部では7月13日~7月16日の間です。

7月15日を中心に行われていると言われていますが、

なぜ一般的な8月のお盆とずれているかというと、

東京と地方とのお盆をずらす事で縁者一同が集まりやすくなり、

みんなでゆっくり先祖の供養をするために、

このような形になったと言われております。

 

農作業の忙しい時期を避けるために、

東京と地方のお盆がずれたとされる説もあります。

 

そして元々7月15日を中心としてきましたが、

先祖を日帰りさせてはいけないということで

7月13日~7月16日までに増えたのです。

スポンサードリンク

ちょっと待って!東京のお盆が7月ならば休みは一体どうなるの?

 

東京のお盆が7月13日からだとすると、

東京の会社のお盆休みってどうなるの?と感じてしまいますよね!

お盆休みが7月なんていう話も聞いた事ないですし、

そこで、東京のお盆休みについて調べてみました。

 

東京の会社のお盆休みはほぼ8月です。

東京のお盆は新暦の7月13日~7月16日ですが、

地方のお盆は1か月後の8月13日~8月16日です。

東京は地方から来ている人が多いため、地方に帰省する時期に合わせて

東京の会社の休みも8月にしているという訳です。

 

そして2016年から新しく8月11日が山の日という祝日に制定されたため、

6連休などの大型連休をとる企業も多いのではないでしょうか?

 

2017年は「山の日」が金曜日になるので

8月11日(金)山の日 祝日

8月12日(土)

8月13日(日)

8月14日(月)お盆

8月15日(火)お盆

8月16日(水)お盆

となっています。

さいごに

お盆に3つの時期があったなんて私もしりませんでした。

そして平安時代という古くからの日本の歴史からも

繋がっているといことにも驚きました。

 

こういったお盆の歴史を知ってお盆を迎えるのと、知らないで迎えるのでは、

過ごし方も変わってくるのではないでしょうか?

みなさまが充実したお盆休みを迎えられますように。

スポンサードリンク