スポンサードリンク

夏休みの宿題で、最後に残るのは

読書感想文ではないでしょうか?

 

本を読むのが好きな子でも読書感想文ってなると

書けなくなってしまったり...

 

親の自分も感想文ってなると難しく考えてしまいますよね。

 

私の息子は、夏休み最終日に慌てて書いて、

感想文じゃなくてあらすじになったことが何回もありました。

 

こうならないために、読書感想文の書き方を

低学年・高学年に分けて解説します。

【読書感想文の書き方・小学生編】低学年は親子で仕上げましょう!

小学校低学年が書く読書感想文は「はじめ・なか・おわり」の

3段構成でまとめて「書けた」と思わせてあげましょう。

はじめ

書き出しは「ぼくは(わたしは)○○○という本をよみました。」

などからはじめるといいでしょう。

そして、なんでこの本を選んだのか理由を書きます。

 

「表紙の絵がかわいかったから」

「おもしろそうだったから」

 

本が好きな子なら

「シリーズの最初から読んでいて、そろえているから」

「作者・主人公が好きだから」など

 

読んだ本のタイトルとこの本を選んだ理由などではじめると

書きやすくなりますよ。

なか

あらすじを書いてしまうのがココの部分ですよね。

あらすじは、できるだけ簡潔に短く書くようにしましょう。

書かなくても大丈夫ですよ。

 

どんなシーンが印象に残って、

どう感じたのかを書いていきましょう。

 

このとき、親御さんが本の内容についてお子さんと会話をしてあげると

より深く感動を掘り起こしてあげることができます。

おわり

おわりは、本を読んだ全体的な感想になるので、

「この本を読んでおもしろかったです。」

でも低学年なら十分でしょう。

 

もっと違うおわりにしたいと言ったら、

もう少し進んだ感想を導いてあげてください。

 

小学校低学年のお子さんであれば、

表紙の絵がかわいい、かっこいい

おもしろそうなどの絵本を選んでも良いですよ。

 

大事なのは、本を自分で読んで何らかの感情を覚えることです。

お子さんが興味を持って楽しく読み進められる本を選びましょう。

 

そして、親御さんも本を読み、お子さんと本について

たくさん会話してください。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方のコツと小学生高学年向けのお手本完全ガイド

高学年になると親御さんが一緒に読書感想文を書くというのも

「感想文を見られたくない」「恥ずかしい」と言われ、

できなくなりますよね。

 

高学年向け、読書感想文の書き方のポイントを解説します。

本選び

マンガを読んで、テレビを見て、すごくおもしろかったら

家族や友達と「あれ、すごくおもしろかったよね」

「こういう話で、あの場面がね...」とか会話をしますよね。

 

こんなふうに、自分以外の人に「この本おもしろいよ」と教えてあげたい

本を選びましょう。

読書メモを作る

本を静かに集中して読むと、読み終わったときは「あらすじ」を

ある程度覚えているくらいですよね。

 

本当は、感動したシーン・おもしろかったシーンなどがあるはずです。

なぜ感動したのか?どこがおもしろかったのか?が

読書感想文では大事になります。

 

読みながら、感動した場面やおもしろかった場面には

しるしを付けて「なぜ感動したのか」メモっておきましょう。

構成を考えよう

伝えたことを効果的に伝えるため「構成(こうせい)」を考えてから

書き始めます。

 

まずは第一段落、その本を選んだ理由です。

友達にすすめられた・親にすすめられた・本屋で見て

おもしろそうだったからなど理由があるはずです。

 

第二段落は、本のあらすじを分かりやすく簡潔にまとめましょう。

どんな出来事が起こり、誰がどうしたかなどで大丈夫です。

 

第三段落は、読書メモで書いた感動した場面やおもしろかった場面

なんで感動したのか、なんでおもしろかったのかを書きましょう。

 

ここの段落でたくさん書いてくださいね。

 

最後の第四段落です。

 

感想文のまとめになります。

 

この本を読んで自分がどんなふうに変わったか?

 

この本を読んだことで、これからの生活をどう変えようと思ったか?

 

本全体の感想でも良いでしょう。などを書きます。

 

最後に、書き終わったら読み直してみてくださいね。

ちゃんと自分が伝えたいことが書けているか、漢字を間違っていないか

など確認してくださいね。

さいごに

夏休みの宿題、読書感想文の書き方について解説してきました。

 

長い休みのため、宿題もたくさんあると思います。

宿題を早く終わらせるための参考になったでしょうか?

 

本を読み、理解することはとても大事なことです。

読書感想文を書いて、読書をする習慣を身に付けてみましょう。

スポンサードリンク