スポンサードリンク

夏休みの宿題で、1番悩むのが創意工夫の工作ですよね。

 

夏休みの工作は、考える力・想像力を鍛える大事な宿題なんですが、

毎年、親子で悩むご家庭が多いでしょう。

 

そこで、夏休みの工作・中学生向けをご紹介します。

夏休み創意工夫作品レシピ中学生向け6選!お子様と一緒にいかが?

夏休みの工作って、宿題が終わらないから

仕方なく一緒に作っていたら

いつの間にか自分が夢中になって作っていたりしませんか?

1:自分だけの森を作ろう

詳細はこちらをご覧ください。

キャンプに行った時や森などで集めてきた材料で自分だけの

森を作ってみましょう。

木の枝やどんぐり、小石などで作れます。

集めるものは自分が作りたい森をイメージして集めましょう。

 

2:電波時計を作ろう

詳細はこちらをご覧ください。

自分で電波時計が作れたらスゴイと思いますよね。

作れるキッドがあるんです。

パタパタ電波時計で仕組みを体感しましょう。

3:わらじをあんで、履いてみよう

詳細はこちらをご覧ください。

わらじは、平安時代から広まりました。

稲のわらで作られていて、旅をする時や

山での仕事などに使われていました。

現在でも、祭りのみこしを担ぐ人や、

山仕事をする人に使われています。

そんな、昔から伝わる「わらじ」をあんで履いてみましょう。

4:マジックボックス

詳細はこちらをご覧ください。

箱の小さい穴をのぞくと、中の人形が犬になったり猫になったり

不思議なマジックボックスを作ってみましょう。

5:手作りキャンドル

詳細はこちらをご覧ください。

自分のオリジナルキャンドルを作ってみましょう。

6:ペットボトルでおもしろ工作

詳細はこちらをご覧ください。

空になったペットボトルを、いろんなものに変身させちゃいましょう。

スポンサードリンク

夏休みの創意工夫アイデア・中学生まとめ!お子様にもぜひ!

夏休みの宿題、創意工夫アイデアはどうしたら思いつくのでしょう?

 

日常生活の中で、「これ面倒だな...」「もっと便利ならないかな?」

というものを見つけるとアイディアでやすいそうです。

 

ママも安心、自動ブレーキ付きベビーカー

詳細はこちらをご覧ください。

この作品は、第74回全日本学生児童発明くふう展で

内閣総理大臣賞を受賞しました。

 

少しの傾斜で動いてしまうベビーカーにタッチセンサーを使い

自動ブレーキを付けたのだそうです。

 

うっかりブレーキをかけ忘れても安心ですね。

ブックスタンド・トライアングルバー

詳細はこちらをご覧ください。

こちらの作品は、特許庁長官賞を受賞しました。

 

本を棚に片付ける時に傾いてしまうこと、よくありますよね。

1冊でも傾かずに収納できる、すごいアイディアですよね。

AKARI・変幻自在

詳細はこちらをご覧ください。

この作品は、NHK会長賞を受賞しました。

 

壁に付けると間接照明、そして形を変えることで卓上スタンドにもなるんです。

4つの三角形をパズルのように動かせて9種類の形に変えられるそうです。

さいごに

夏休みの宿題、創意工夫工作についてご紹介してきました。

 

毎年、親子で何を作るか悩むのも子育てしていく中で

その時にしか体験できない楽しみだと、

子育てが終わってから気がつきました。

 

子育て中は、

「また今年もか...」

「面倒くさい...」

なんて思っていました。

 

創意工夫工作で親子で悩むのも、

今しかできないと楽しんでください。

 

子育てのいい思い出になりますよ。

スポンサードリンク