スポンサードリンク

基本給からボーナスの手取り金額を計算する方法をご紹介します。

ただし、企業によって規定があります。

ボーナスを支給していない企業もありますので、

自分の働いている企業に確認をして

あくまで概算として参考にして下さい。

ボーナスの手取り平均は?30代の場合のまとめはこちらです!

ボーナスの支給額の平均はどれくらいなのでしょう?

 

2016年夏のボーナスの平均支給額は、大手企業で約92万円だったので

手取りでは約70万円くらいでした。

 

次に、中小企業の夏のボーナスです。

中小企業は数が多いため正確な数字は出ないですが、

約26万円の支給額なので

手取りでは20万に満たないです。

 

そして、公務員の平均支給額は約63万円です。

手取り平均は約50万円になります。

 

これは、あくまで平均支給なので、

この平均支給額に満たない金額の方が多いでしょう。

スポンサードリンク

ボーナスの手取りと額面、何でこんなに差があるの?詳しく説明!

せっかくのボーナス支給ですが「額面」と「手取り」なんで

こんなに差があるのか...

 

ボーナスでも税金などが引かれるからなんですが、控除される金額

間違っていないとは思いますが、自分でも計算してみましょう。

 

用意するものは、ボーナスとして支給される金額

ボーナスの前の給与明細です。

 

では、保険料の計算です。

保険料は「健康保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」「介護保険料(40歳以上)」です。

 

ボーナス額面×料率  

 

で計算します。

 

「健康保険料」9.97% 「厚生年金保険料(一般職)」17.474% 

「介護保険料(40歳以上)」1.58%

 

これらは会社と折半になるので、自己負担額は半分になります。

 

そして、雇用保険は一般事業(農林水産・建設・酒造以外)の自己負担額は0.5%です。

 

 ≪40歳未満≫ (9.97+17.474)×1/2+0.5%=14.122%

 ≪40歳以上≫ (9.97+17.474+1.58)×1/2+0.5%=15.012%

 

上記が、社会保険料として控除されます。

 

36歳、ボーナス額面が70万円の場合

 

70万円×14.122%=98.854円  

これが社会保険料として控除されます。

 

そして、控除されるのは「社会保険料」だけではありません。

「所得税」も控除されます。

 

ボーナスの所得税計算には、前月の社会保険料控除後の給与額が基準になります。

 

こちらに「賞与に対する厳選徴収額の算出率の表(平成28年分)」が載っています。

 

所得税がいくらになるか参照してください。

扶養家族がいるか・いないかでも変わるので注意しましょう。

さいごに

ボーナスの手取り金額は、

 

ボーナス額面-(社会保険料+所得税)=手取り

ということになります。

 

会社によっては「厚生年金基金」などの控除項目が増えるところも

あるので注意してくださいね。

 

ちなみにボーナスの使い道で1番多いのは「貯蓄」だそうです。

 

あなたは、何にボーナスを使いますか?

スポンサードリンク