スポンサードリンク

結婚式が決まったら、ドレス選びや披露宴の詳細を決めるなど、

やらなければならないことが盛りだくさん。

 

その中でも重要な作業が「招待状作り」です。

お世話になった方々に自分たちの晴れ姿を見せて、

感謝の気持ちを伝えたい…。

 

そんなおもてなしの心を伝えるためには、手作りの招待状がピッタリ!!

 

式場で印刷まで全て頼むのは簡単ですが、もし時間的に余裕があるならば、

自分たちらしさをアピールできるような、

こだわりの招待状を作ってみてはいかがでしょうか。

結婚式の招待状は手作りで!作り方大図鑑&テンプレートまとめ

大型文房具店や雑貨店には、様々な用紙が売られています。

最近では、ウェディング用のコーナーを設けているお店もあり、

招待状作りにピッタリのアイテムが数多くあります。

厚みや素材などを考えて用紙を選び、

自宅のプリンタで文面やイラストを印刷しましょう。

 

さらにオリジナリティを出したい場合は、

印刷した招待状をデコレーションすると、

インパクトのある仕上がりになりますよ。

【招待状を紐やリボンで結ぶ】

ナチュラル素材の細めの紐を招待状に巻いて結ぶだけで、

クールな仕上がりに

また、ピンクなど淡い色のリボンで結ぶと可愛らしく、

白やシルバーなどのリボンにすると大人っぽくなります。

用紙と紐・リボンの色が合うように工夫しましょう。

【紙帯を巻く】

華やかな招待状をシンプルな紙帯で巻くと、

メリハリが出てオシャレな雰囲気になります。

紙帯には、新郎新婦のイニシャルをプリントしたり、

スタンプを押したりするのもオススメ。

【ペーパーコースターで包む】

招待状をレースのペーパーコースターなどで包み、

リボンやシールで留めると華やかに変身! 

招待状とペーパーコースターのサイズをバランスよく合わせるのがポイントです。

【絵具で色をつける】

黒い文字で印刷した招待状に、絵具を淡くカラフルにつけると、

世界に一枚だけの招待状になりますよ。

【ペーパーアイテム専門店のサイトを利用する】

招待状は手作りしたいけど、一から作るのは大変…。

そういう方に便利なのが、招待状のテンプレートをダウンロードできるサイトです。

 

以下のサイトでは、手作りキットと印刷込みの2タイプから選べます。

 

手作りキットはデザイン付きの印刷テンプレートがあるので、

プリンタを持っている人、費用をおさえたい人、

オリジナリティのあるものを作りたい人にオススメ。

スポンサードリンク

パソコン操作や手作りに自信がない人、高品質で早く仕上げたい人は、

印刷込みにするのがオススメです。

いろはウェディング

PIARY

ココサブ

堅実なカップルは結婚式の招待状、手作りで費用を節約しちゃおう!

式場やホテルで招待状をお願いするのと、手作りするのとでは、

一枚あたり、半分ぐらい値段が違うと言われています。

結婚式では、招待状の他にも席次表や席札が必要となり、

それらも含めるとだいぶ差額が大きくなります。

 

完全なオーダーメイドは、クオリティが高く、

間違いのない出来栄えになりますが、

その分、相当な金額がかかるのです。

 

完全に手作りとなると、紙やパーツの購入から自分でしなければならないため、

費用は抑えられますが、手間がかかります。

招待する人数が少ない場合や、ハンドメイドが好きで

自信のある方にはオススメです。

 

最近、多くなっているのが、セミオーダーメイド方式。

先ほどご紹介したペーパーアイテム専門店を利用する方法です。

 

招待状やパーツをサイトで選んで購入し、

自分たちで印刷、組み立て作業をします。

また、値段は変わりますが、印刷までしてもらったものを、

自分たちで組み立てるというやり方もあります。

 

ご紹介したサイト以外にもたくさんの専門店がありますので、

いろいろ調べてみるのも良いかもしれません。

目移りするほど種類が豊富ですし、料金もお店によって違いますが、

完全オーダーメイドよりだいぶ安く抑えられます。

さいごに

人生の一大イベントである結婚式。

最初にゲストが目にする招待状は、

自分たちの結婚の第一印象とも言えるでしょう。

 

素敵な招待状を作りたいけれど、カップルによって、

かけられる費用も時間も違います。

自分たちに合ったものを選ばないと、

ケンカになったりして、せっかくの結婚式が台無しになってしまいます。

 

結婚式の準備は想像以上に大変です。

カップルの共同作業がすでにスタートしているのです。

二人で協力して楽しく乗り越えられれば、

今後の結婚生活もうまくいきそうな気がしますね(笑)

自分たちらしい招待状と結婚式ができることを祈っています。

スポンサードリンク