スポンサードリンク

招待状は、二人の新しい門出に

大切な人を招待するための大切なものです。

失礼がないようにしたいですよね。

そして、気持ちよく出席していただけるように

基本的なルール・マナーは守るようにしましょう。

 

招待状は、挙式・披露宴の2ヶ月前までには

発送できるようにします。

では、招待状の書き方・注意すべきことなどご紹介します。

<スッキリQ&A>結婚式の招待状の書き方・横書きの場合は?

招待状には、縦書き・横書きがあります。

どちらで招待状を書いても問題ありません。

挙式や披露宴に合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

ココでは横書きの招待状の書き方を解説します。

 

・「拝啓」など時候の挨拶が最初です。

 

・「頭揃え」か「センター揃え」にして、段落はつけません。

 

・「、」「。」など句読点は、

「終わる」「区切る」などの意味が込められています。

慶事には相応しくないとされているため、

スペースを上手く使って読みやすくしましょう。

 

・漢字には意味があります。

「忙」は「心を亡くす」と書くので使わないようにします。

「ご多用のなか」などにするか、ひらがなで使いましょう。

 

・「重ね重ね」「繰り返し」「去る」「終わる」「再び」「度々」などの

忌み言葉は使いません。

 

・会場名は、横文字や読み方の難しいこともありますよね。

わかりやすいように、読み仮名・カタカナ書きなど入れるようにしましょう。

 

・紙質は破れたりしないように薄いものは避けます。

80円(25g以内)か90円(50g以内)の定形郵便で送れる重量にしましょう。

 

・返信は挙式・披露宴の1ヶ月前までにもらうようにします。

 

招待状に同封するものは、

案内状(日時・場所・返事の期限など明記してあるもの)

返信ハガキ(宛名を入れて50円切手を貼る)

会場案内地図(アクセスや駐車場の有無)

付箋(スピーチや余興のお願い・式への列席など)

 

上記が招待状の横書きの書き方・注意することになります。

スポンサードリンク

結婚式の招待状、封筒の書き方はやはり手書きがいい?お答えします!

招待状ができたら封筒の宛名書きですね。

封筒の宛名と案内状は合わせるのが基本なので、

ここでは横書きになります。

 

宛名は毛筆が基本ですが、筆ペンでも構いません。

ボールペンは避けましょう。

 

パソコンやサインペンでもマナー違反ではありません。

しかし、多少文字が乱れていても毛筆や筆ペンで

手書きを書くと温かみが伝わります。

 

どうしても苦手という人は、

字を書くプロの「筆耕サービス」にお願いしても良いです。

 

書くときに注意するポイントは、

 

かすれないように丁寧に書く

墨の色が薄いのは縁起が悪いのでNGです。

せっかく毛筆・筆ペンで書くのだから、

しっかり濃く太く、堂々と書きましょう。

漢字や相手の肩書きを間違えない

相手の名前の漢字を間違えて送ったら失礼ですよね。

肩書きも同じです。

あなたが知らない間に相手の肩書きが変わっているかもしれません。

 

肩書きや名前は事前に確認しましょう。

そして、郵送する場合と手渡しする場合では

宛名の書き方は変わります。

 

手渡しの場合は、相手の住所は書かずに名前のみ記入します。

 

郵送の場合は、切手は右上に貼ります。

名前は封筒の真ん中に大きく書きます。

郵便番号と住所は頭を揃えます。

住所が2列になるときは2列目を1文字空けましょう。

 

郵便番号を書く欄がないときは、

住所の上に書きますが「〒」は書かないので注意しましょう。

 

宛先の住所が長いときは、

都道府県名を省略して「市」や「区」から始めてもOKです。

さいごに

結婚式の招待状の書き方について紹介してきました。

せっかく出席していただくのですから、お互いに気持ち良く

新しい門出を楽しみたいですよね。

 

結婚式まで何かと忙しいと思いますが、お体に気をつけてがんばってください。

スポンサードリンク