スポンサードリンク

砂糖が固まるとガチガチになって使う時に困りますよね^^;

ガリガリ削るのも地味にストレスを感じてしまいます。

そんな砂糖が固まるのを防止する方法をご紹介しましょう!

固まり防止5

1.密閉容器に保存

2.冷蔵庫に保存する

3.顆粒状糖をいれておく

4.珪藻土スプーンを入れる

5.ソルトシュガーサラサラポットを使う

 

砂糖は、買ってきた密閉状態で置いていても固まりません。

開封することにより外気に触れると固まっていきます。

なので、予防策としては開封後すぐに

密閉容器に保存するといいのです。

また、湿気・乾燥対策として冷蔵庫で保存するのもオススメです。

プレーンヨーグルトについている

顆粒状糖を一緒に入れておくと、

固まりにくくなります。

比率としては砂糖:顆粒状糖=5:1がいいです。

 

テレビでも取り上げられたことがある珪藻土スプーンは、

スプーンとしても使えて、

砂糖の乾燥予防もできるので一石二鳥です^^

 

そして、美濃焼の素焼き壺でできているという

「ソルトシュガーポット」という商品を

使ってみるのもいいでしょう。

 

名前の通り、塩にも使えますので

塩と砂糖とお揃いにしても可愛いですね^^

スポンサードリンク

<必読講座!>砂糖が固まる理由を知って、サラサラに保存しよう!

そもそも、砂糖が固まる原因は、「乾燥と湿気」です。

買ってきた袋の状態のまま長期間置いていても

砂糖は固まらないのは、

密閉状態により外気にさらされないからです。

 

砂糖はもともとくっつきやすいので、

製造工程で糖蜜がかけられます。

この糖蜜が、乾燥してくっつかないように

適度に水分を保てるようにしているのです。

 

しかし、一度袋を開けるとこの水分が乾燥し始めて

だんだんとくっついていきます。

そして再び湿気を帯びて再結晶化し、

ガチガチになってしまいます。

砂糖が固まる原因は乾燥と湿気を繰り返すことで

起こってしまうんですね…

石のように砂糖がゴロゴロと固まる時に元に戻す術を7つ大公開!

1.霧吹きで水をかける・水を一滴たらす

2.湿らせたキッチンペーパーを使う

3.食パンをいれる

4.電子レンジでチン

5.サラサラの砂糖を入れる

6.キャベツを入れる

7.冷凍庫に入れる

 

砂糖が固まる原因が「乾燥する」ことが主な原因ですので、

もとに戻すにはもう一度水分を与えてみる…

ということになります。

 

4以外はすべて湿気を与えることにより、

乾燥した砂糖が再び水分を吸収してサラサラに戻ってくれます。

4の電子レンジは、砂糖同士が固まり

湿気を帯びたそのほんの少しの水分を飛ばすことにより

サラサラにするという「乾燥させる」方法です。

様子を見ながらやらなければ

砂糖が溶けてしまいますので要注意です。

さいごに

砂糖が固まる=湿気というイメージがありますが、

乾燥と湿気を繰り返すことが固まる原因なんですね…

はじめに乾燥することで固まり始めるので、

まずは水分を与えてみる方法を試してみてください。

スポンサードリンク