スポンサードリンク

エアコンの取り付けってかなりの費用がかかります。

標準工事で10,000円~15,000円という業者が多く、

エアコン本体の価格もかなりしますので

エアコンの付け替えはかなりの出費がともないますよね…

 

そんな出費をとにかく安くしてしまいたいという人…

エアコンの取り付けってdiyできるんです!!

DIYに自信がある人のために

エアコン取り付けあれこれを調べてみました。 

秘策!エアコンの取り付けが自分で出来る簡単なテクニックとは?

エアコンを自分で取り付けする人は

さすがにあまりいないですよね…

見出しには簡単なテクニックと書いていますが、

部屋の高い位置にあの重たいエアコンを取り付けるのは

正直一人では簡単に、とはいきません…

ですが、一人でも取り付けはできます。

エアコンを取り付けるために必要な道具(配管を通す穴がある場合)

  • エアコン本体(室内機・室外機)
  • 配管キット(必要な長さの配管のもの)
  • 真空ポンプ
  • 電動ドリル(ビスを打つのに必要。壁の素材によってドリルの種類があるので要注意)
  • スパナ・またはモンキーレンチ
  • ビス
  • ビニールパイプ

※他にも室外機を置くときにブロックが必要な場合もあります。

以上の道具が必要です。

 

エアコン本体はネットや家電量販店で購入できますが、

配管キットはついてきません。

ホームセンターやネットで売っていますので、

事前にエアコンの室内機から室外機まで

必要な配管の長さを測ってから買ってください。

 

また、真空ポンプはネットでレンタルもできるところもあります。

エアコンの内部にはフロンガスが充填されていて、

そこに空気や水分がはいってしまうと故障の原因になります。

エアコンを取り付けるには、パイプや室内機の空気を

完全に抜き取らなければいけないので真空ポンプが必要なのです。

 

取り付けの手順は実際にDIYした人の手順についてこちらを参考にしてください。

家が電気店だというこちらの方…

中学生ですでに一人でエアコン取り付けができていたらしいです…

すごいですね。

スポンサードリンク

徹底解説します!失敗しないエアコンの取り付けの位置

エアコンを取り付けるにあたって、

重要なのは取り付け位置です。

賃貸ではエアコンを取り付ける位置は大体決まっていますが、

一軒家の場合は自分たちで考えなくてはいけません。

エアコンを取り付けるときに気をつけること

  • 部屋の長手方向につける
  • 窓・カーテンレールに干渉しない
  • クローゼットの折れ戸にあたらない
  • ソファやベッドに直接風があたらない
  • 室外機が置けるかどうか

エアコンは風があたらない部分を

できるだけ少なくすると効率よく動いてくれます。

また、カーテンレールに当たらない位置でないと

取り付けができません。

クローゼットの折れ戸にも要注意です。

エアコンの風が直接当たると体調を崩す原因になりますので、

ソファやベッドに直接風があたらない場所に設置しましょう。

室外機が置けるスペースが外に確保できるかどうかもポイントです。

さいごに

個人でも意外と取り付けることはできるエアコン…

しかし、エアコン本体は値段がかなりしますので、

自信のない人はネットでエアコンを安く購入して、

取り付けは電気屋さんにおまかせしてしまうのも

アリかと思います。

 

標準工事なら2時間もあれば電気屋さんはつけてくれますが、

DIYをするとなると慣れていても

半日くらいはかかってしまうようです。

初めて取り付けを自分でする人は

一日かかってしまうかもしれませんので、

できそうかどうか取り付け手順をよく見てからにしましょう!

スポンサードリンク