スポンサードリンク

梅シロップに酢を入れると、失敗しにくいということを知ってますか?

材料は、梅・氷砂糖を1kgずつとりんご酢200mlでできちゃうんです。

 

作り方は簡単!

・梅を水洗いしてヘタを取ります。

・水気を拭いて、冷凍します。

・2日ほどしたら、消毒した容器に梅・氷砂糖の順に重ねて入れていきます。

・最後に酢を入れます。

・1日1回、容器の中を混ぜてください。

・約1ヶ月で出来上がりです。

 

梅シロップは簡単にできますが、賞味期限ってどれくらいなんでしょうね。

今回は、梅シロップの賞味期限や発酵したときの対処法などご紹介します。

スポンサードリンク

梅シロップの賞味期限はどれくらいなの?ズバリお答えします!

完成後、ビンに入れた梅シロップを約80℃のお湯で15分程度加熱殺菌し

ふたをしっかりと閉めれば常温保存ができます。

 

しぼんだ梅をそのまま入れておくと、梅が水分を吸収しはじめてしまうので

梅シロップだけを保存しましょう。

 

賞味期限は、保存状態にもよりますが完全に密閉されている状態で

約1年保存ができます。

 

冷蔵庫で保存する場合は、ペットボトルなどに入れて保存も可能ですが

長持ちさせたいのであればガラス製の密閉できるビンが良いでしょう。

 

開封した場合は、半月から1ヶ月程度を目安にしましょう。

 

梅シロップは冷凍することもできます。

氷冷器に入れて凍らせ、ジップロックやフリーザーパックに入れて保存すると

好きな時に好きな量、使うことができます。

 

冷凍した梅シロップの賞味期限は1~2年を目安にしてください。

梅シロップに泡が!それ、発酵かも?原因と対策をご紹介!

梅シロップが発酵する原因は、

砂糖が溶けるまでに時間がかかってしまうからです。

 

発酵の状態は、

・泡が出る

・色が濁る

・梅がシワシワにならずに膨らむ

・ビンが膨張する

などがあります。

 

発酵させないためには、梅のエキスを早く抽出し、

砂糖を溶かす必要があります。

 

砂糖を数日に分けて入れる方法もあります。

時間に余裕が無い場合は、

梅1kgに対して焼酎か酢を100ml入れる方法もあります。

 

ただし、ご家族みんなで飲む場合は

焼酎ではなく酢で作ると良いでしょう。

焼酎だとお子様は飲めないので。。。

 

酢は、家にあるものでOKです。

お好みの酢を使ってください。

おすすめは「りんご酢」です。

 

梅シロップが発酵してしまった場合の対処法を梅の状態別にご紹介します!

梅がシワシワの場合

梅のエキスが十分に出ているので梅を取り出し

シロップを鍋に入れて弱火で煮てアクを取ります。

アクが出なくなったら火から下ろし冷まして、

冷蔵庫で保存しましょう。

梅がシワシワになっていない場合

梅のエキスがまだ出きっていないので梅を取り出し、

シロップを鍋に入れて弱火で煮てアクを取ります。

 

アクが出なくなったら火から下ろし冷まします。

梅とシロップを元の容器に戻して冷蔵庫で保存します。

その後、梅がシワシワになったら梅を取り出します。

さいごに

梅シロップの作り方は、非常に簡単でシンプルですが

発酵させないためにも1日2回程度は混ぜるようにしましょう。

また、カビを発生させないためにも、しっかり梅を乾かしましょう。

作業をマメにやれば、美味しい梅シロップが楽しめますよ。

スポンサードリンク