スポンサードリンク

次の日に太ることを気にせず食事ができたら、

さらに食事がおいしくなると思いませんか?

今回はそんな魅力的な食事法をお教えします。

 

次の日のことを考えてあまり満足に食事ができないのは辛いですよね。

ぜひ普段の食事から試してみてください。

【ヘルスナビ】食べ過ぎて胃が痛い!原因と対処法を学びましょう!

そもそも食べ過ぎて胃が痛くなる原因は何なのでしょうか?

食べ過ぎによる胃の痛みは主に2種類あります。

 

まず、たくさん食べ過ぎると胃酸が出すぎてしまい、

胃酸から胃を守るための粘膜が胃酸によって傷つき胃痛が起こります。

このような腹痛を何回も繰り返していると、

胃潰瘍や逆流性食道炎などの病気につながることもあります。

もし長い間繰り返しているなら、一度病院で検査をしてもらいましょう。

 

もう1つは、胃腸の働きが悪くなり、消化不良となって痛みます。

このような場合は、市販でも売られている

消化酵素剤が配合されている消火剤などを飲むと効果的です。

胃の消化不良は胆のうや肝臓などの機能が障害されている可能性があります。

長く続くようなら検査を受けた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

今日から出来るセルフケア!食べ過ぎに効く胃もたれ解消法5つ!

1:ウォーキング

痛みがあると体が丸くなりがちですが、体を少し動かすことで

胃腸の働きもだんだん良くなり、胃痛に効果的です。

2:ストレッチ

ウォーキングと同様胃腸の働きを良くすることができます。

また、食べ過ぎ体操というものがあります。

やり方は、まず、正座をし、そのまま後ろに倒れます。

手を組み両手をぐっと伸ばして、太ももにも少し力を入れて全体を伸ばします。

室内で気軽にできるので試してみましょう。

3:消化を促進させる食べ物を食べる

食事をするときに大根やキャベツ、リンゴなどの消化に良い食べ物も

一緒に食べるようにしましょう。

4:食後にお風呂に入らない

たくさん食事をした後すぐにお風呂に入ると、

胃や腸の消化活動が鈍くなってしまいます。

食後のお風呂には気を付けましょう。

 5:痛い部分をなでる

食べ過ぎて痛くなった部分を反時計回りにやさしくなでると

痛みが少し緩和されます。

さいごに

食べ過ぎて胃が痛くなるのは大きく分けて2つの原因があります。

原因がどちらにしても長い間繰り返していると、

病気になる可能性があるので早めに対処し、

繰り返さないように予防しましょう。

 

また、胃が痛くなっても丸まって横にならず、

ウォーキングやストレッチなどで軽く体を動かしたり、

痛い部分をなでることで痛みを緩和させましょう。

スポンサードリンク