スポンサードリンク

つい食べ過ぎて吐きそうになることは、たまにありますよね?

吐きたくないけどどうすればいいかわからない…

という方が多いのではないかと思います。

 

今回はそんなときの対処法をご紹介します。

このようなピンチになったときにはぜひ試してみてください。

また食べ過ぎて、気持ち悪い!吐きそうなアナタの胃を楽にする凄技!

1:身体を楽な姿勢にして安静にする

そもそも、吐き気がするのは食べ過ぎによって消化管の動きを乱れて、

不快感で脳にある嘔吐中枢が刺激されるからです。

そのため、消化管の乱れや不快感を軽減させるために

楽な姿勢で安静にしましょう。

 

きつめの服を着ているのであればボタンやベルトを緩めたりして

できるだけ体を楽にします。

横になる場合は、左側を向いて寝るようにしましょう。

身体の右側を下にして寝ることで消化を促進させ、

吐き気を早く解消させられます。

このようにしばらく安静にしていれば吐き気が少し解消されます。

2:ガムをかむ

ミントには吐き気を抑える効果があります。

そのため、吐きそうなときには、ミント味のガムを噛むようにしましょう。

しかし、ミントのにおいが強すぎると

逆に気持ち悪くなってしまうのであまりやりすぎないようにしましょう。

3:胃腸薬を飲む

吐き気があまいにもひどい場合は、

市販でも売られている胃腸薬を飲みましょう。

胃腸薬にはいくつか種類がありますが、

胃の働きを促進させるものを選びましょう。

逆に胃の新木を抑える薬もありますが、

間違えてこちらの薬を飲んでも効果は期待できません。

 

スポンサードリンク

マッサージのプロが伝授!食べ過ぎのツボ、ポイントは背中にあった!

食べ過ぎによる胃の不調に効くツボは、背中にある「六華の灸」です。

六華の灸は膈兪、肝兪、脾兪のことで、6つとも背骨の両脇にあります。

胃の調子が悪いときはそのあたりが少し重苦しく感じることがあります。

 

軽くさすってもらうだけでも楽になるので、

食べ過ぎで吐き気が出たら背中をさすってもらうようにしましょう。

 

また、そのほかにも手にある合谷、耳にある胃点など胃腸の働きを助けるツボがあります。

さいごに

食べ過ぎて吐きそうになった時はまず、

楽な姿勢になって消化管の乱れや不快感を軽減させましょう。

横になってもあまり治らなければ、

胃腸薬などを飲んでしばらく安静にしましょう。

 

また、食べ過ぎによるツボは背中にある六華の灸が効果的です。

軽くもんでもらったり、さすってもらうだけでも

楽になるのでぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク