スポンサードリンク

 

鼻炎と風邪を同じように思っている人はたくさんいると思います。

 

鼻炎と風邪は似た症状ですが違いがあります。

 

今回は鼻炎と風の違いや治し方について紹介します。

 

鼻炎と風の違いは知っておくと便利ですので、

友達や家族にも教えてあげましょう。

【知って得する豆知識】鼻炎と風邪、似ているようでココが違います!

鼻炎も風邪もほとんど同じような症状ですがちゃんと違いがあります。

鼻炎と風邪を見分けるには、まず発熱があるかどうかです。

 

鼻炎の場合は発熱がほとんどなく、あっても微熱程度です。

 

風邪の場合は、ウイルスを排除するために発熱を伴い、

時には39度を超える高熱にもなります。

 

次に、症状の期間です。

 

鼻炎は花粉の飛散時期が終わるまで続き、

2ヶ月くらい続くときもあります。

 

風邪の場合は、薬を飲んでしっかり休めば1週間程度で治ります。

 

鼻炎は季節が原因となることもあり、風邪よりも長引くのが特徴です。

 

また、鼻水の性質も鼻炎と風邪で違います。

 

鼻炎の場合は鼻水がさらさらしていますが、

風邪の場合は鼻水が黄色く粘り気があります。

 

これは白血球が風邪ウイルスと戦うことで

死骸となった白血球が混ざっているためにこのような鼻水になります。

スポンサードリンク

風邪で鼻水が続く!それ鼻炎では?ご家庭での治し方4つ教えます!

1:身体を温める

身体を温めることで免疫力が高まります。

暖かい飲み物を飲んだり、お風呂に入って体を温めましょう。

2:栄養バランスの良い食事

主にビタミンを多く摂るようにしましょう。

ビタミンCは身体の機能を正常にし、免疫力を高める作用があり、

ビタミンAには粘膜の保持・強化の作用があります。

ビタミンは果物や野菜に多く含まれているのでたくさん食べるようにしましょう。

3:保湿

こまめに水分補給し、保湿することで風邪の治りが早くなります。

乾燥すると風邪ウイルスが活発に動きやすくなるので乾燥するのを防ぎましょう。

4:しっかり睡眠をとる

風邪に限らずどのような病気でもしっかり睡眠をとりましょう。

身体を休めることで免疫力を高めてくれます。

さいごに

鼻炎と風邪の症状は似ていますが、違いがいくつもあります。

 

鼻炎か風邪かが分かるだけでも対処法が変わってきます。

ちゃんと見極めたうえでその対策をしていきましょう。

 

また、鼻炎も風邪も早めに対処して安静にしていれば特に問題なく治りますが、

鼻炎か風邪か判断できなかったり、症状がひどい場合は病院で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク