スポンサードリンク

 

結婚式となると、自分の親族だけではなく、相手側の親族の方や、友人、職場の方など

正体することになるので、マナーや作法を知らなくて恥をかくという事はなんとか

避けたいですよね?

あまりにも早く出しすぎても、まだ出席出来るか分からないという事もありますし、

遅すぎても、仕事などで都合がつかず出席できなかったということも考えられます。

では、いったいどのぐらいの時期に招待状を出すのがゲストにとっても、

新郎新婦にとっても良いのでしょうか?

そこで今回、結婚式の招待状を発送する際のポイントについてご紹介したいと思います。

【結婚式マナー講座】招待状を送る適切な時期を知って相手に配慮を!

 

結婚式の招待状を発送する際のポイントは、

出席するゲストの方の予定を立てやすい時期に送るのがベストです。

それはいつなのかというと、大体、

結婚式(披露宴、挙式の)2、3ヵ月前ではないでしょうか?

 

そのぐらいの期間だと、働いている方のお仕事の都合もつけやすいですし、

新郎新婦もそのぐらいを目安に招待状を作り、

返信用のハガキも結婚式当日の1、2ヵ月前には、

ゲストの出席、欠席が分かる状態にするのがベストになります。

 

この頃に結婚式の人数が分かると、席順や、料理の手配がスムーズに行う事ができます。

出席者の確認が出来ないと、ギリギリまでバタバタしてしまったり、

お仕事をしながらの打ち合わせになるので、

新郎新婦の予定を合わせたりするのも大変になると思います。

こうした双方のことを考え一生に一度の結婚式を最高の思い出になるよう、

細かい手配からスムーズに行うようにしましょう。

結婚式の招待状・出す時期はこの日を目安に余裕を持って準備を!

スポンサードリンク

 

結婚式の招待状を送るタイミングは、結婚式当日の2.3ヵ月前に発送するのが良いと

ご説明いたしましたが、その他にも発送時期に大切なことがあります。

それは、縁起が良いとされる、お日柄の良い日に届くようにするのがポイントです。

消印の日付を「大安」か「友引」になっていると

受け取った側も縁起が良いと思いますので、

このどちらかにするのがおすすめです!

さいごに

結婚式の準備は自分の事だけではなく、相手側の事も関わってくるので、

マナーや礼儀などしっかりしていきたいですし、細かい事など決める事がたくさんあり、

とても大変です。

夫婦そろって初めて準備となる結婚式、二人で協力しながら、大切な思い出となるように

楽しく準備できたら良いですね。

スポンサードリンク