スポンサードリンク

 

細かいマナーや作法、気遣いが大切になる結婚式。

自分の親戚だけではなく、相手のご両親や、親戚の方を招待しますし、

職場の上司なども招待するなど、失礼のないように、

間違ったマナーをしないようにしたいですよね?

 

招待状一つ出すだけでもマナーや作法があり決める事がたくさんあって大変な結婚式。

一生に一度の結婚式大切な思い出にするためにも招待状について今回ご紹介したいと思います。

結婚式の招待状・封筒の入れ方完全マニュアル

 

結婚式のマナーで、こんな所まで決まりがあるの?

と思う事もあるかもしれませんが、

そんな時にでも困らないようにご説明しますね!

 

まず、招待状は、手渡しをするか、郵送するか

によって変わってきますのでそこも注意しましょう。

 

ではまず、結婚式の招待状を入れる封筒の入れ方についてご説明いたします。

実は、招待状のセットの仕方は、さまざまありまして、こうしなければならない!

という決まりはないのです。

挙げる式場によって、こういう順番に入れてください。

と説明されることもありますのでご安心ください。

しかし、縦書きと横書きによって入れ方が異なってきますので注意しましょう。

 

封筒に入れる際に招待状の他に、

会場、駐車場の案内図を入れたかどうか、

ホテルに宿泊する方には、ホテルの案内図を入れたかどうかなど、

招待状を送る前に、確認を忘れないようにしましょう。

入れ方にはさまざまあるとお伝えしましたが、

受け取った相手が分かりやすいように大きいものから順番に重ね、

小さいものが上にくるように重ねていきましょう。

スポンサードリンク

こちらもぜひ読んで!意外と知らない結婚式の招待状の入れ方と向き

 

封筒に入れる向きは、封筒の宛名が書いてある方と、

カードの表を合わせて入れるのが、一般的です。

手渡しをする場合は、宛名には、お名前のみを記入し、

住所の記載や、切手の貼付は不要になります。

渡しの方に、切手を貼っていたり、住所などを記載してしまうと、

会ったついでに渡したという形になってしまい、

失礼にあたりますので、注意しましょう。

 

手渡しの招待状は、封をせず、封筒を開けてすぐ招待状の表が見えるように、

封筒の裏面に招待状の表を合わせるのも良いです。

 

封筒に切手を貼る際は、封筒が縦向きの場合左上に、横向きの場合は右上になります。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

結婚式の招待状だけでも、これだけたくさんの決まりや、マナーなどがあります。

相手方に失礼のないように、ここでお話したことが

少しでもお役に立てたら良いなと思っております。

大切な結婚式がいい思い出になりますように。

スポンサードリンク