スポンサードリンク

 

結婚が決まったら、嬉しくてルンルン気分♪

ですが、実は結婚式の準備が待っております。

 

結婚式で誰を招待するのか決まったら招待状を送りますが

招待状はできるだけ手渡しするのをおすすめします。

 

そこで、結婚式の招待状を手渡しする時のマナーをご紹介します。

ちょっと待った!結婚式の招待状、手渡しの歳住所はどうしてますか?

結婚式の招待状、手渡しなら一言添えて渡せますので丁寧なうえ

切手代の節約にもなります。

 

ただ、突然に訪ねていくのは失礼になりますので

事前に結婚式の日時などを伝え、出席可能かどうか確認し

招待状を手渡ししたい旨を連絡しましょう。

 

宛名を書く際に気をつけることは、住所は書かないことです。

手渡ししているのに住所が書いてあると「本当は郵送するはずだったけど

会ったついでに手渡しされた」と思われてしまうこともあります。

 

なので、宛名を書く前に「手渡しする人」「郵送する人」に分けましょう。

 

一般的に手渡しする相手は、

「主賓」「仲人」「乾杯の挨拶や祝辞をお願いするゲスト」「恩師」などには

連絡を取り新郎新婦から出向くようにしましょう。

 

ほかにも確実に手渡しできる方には「会社の上司」「会社の同僚」

「親族・身内」「頻繁に会う友達」などいらっしゃいます。

 

宛名書きに関わってきますのでリストを作る際には慎重に作成してください。

 

そして、気をつけなければいけないのが封筒に糊付けしないということです。

結婚式のようなお祝い事の封を切るのは、縁起が良くないとされています。

 

そして、手渡しして相手がすぐに中身を確認できるようにするためでもあります。

相手によっては、その場で返信用ハガキを書いてくれる方もいます。

 

まったく封をしないのが気になる場合は一箇所にシールなどを貼ると良いですよ。

スポンサードリンク

それでは、結婚式の招待状を手渡しする時、切手は必要なの?

結婚式の招待状を手渡しする場合、切手は必要です。

もちろん手渡しするので封筒に切手はいりませんが、

返信用のハガキには切手を貼ります。

 

招待状を受け取った相手が、その場で手渡しで返信ハガキを

書いてくれるわけではありません。

 

なので、「後日郵送での返信でも大丈夫ですよ」という意味を込めて

返信用のハガキには切手を貼り忘れないようにしましょう。

 

 

ちなみに、招待状を郵送する場合も出てきますよね。

遠方の方や、なかなか会う機会がない方などいらっしゃるでしょう。

 

郵送する場合にも気をつけなければいけないことがあります。

まずは、郵送する相手に事前に招待状を送ることを知らせていきましょう。

 

電話で連絡するのが一般的ですが、

親しい友人などの場合はメールなどでも良いでしょう。

 

そして切手は同封物の重さによって料金が変わってきます。

また、発送する日も消印が「大安」「友引」が良いとされているので

郵送する場合は、郵便局の窓口へ直接持参することをおすすめします。

さいごに

結婚式の招待状を手渡しすることは礼儀として大事なことです。

相手に手渡しする時にも「よろしくお願いします」の一言を添えるようにしましょう。

 

お二人の結婚式を心からお祝いしていただけるように

招待状には失礼がないように気をつけましょう。

 

お二人が末永く幸せでありますように...

スポンサードリンク