スポンサードリンク

 

最近の結婚式の招待状には出欠の有無のほかに

食物アレルギーの有無を記入する欄が増えてきています。

 

食物アレルギーがある場合とない場合がありますが、

どのように返信すれば良いのか悩みますよね?

 

新郎新婦は招待客の皆さんに「楽しく食事をしてもらいたい」ので

アレルギーが「ある」のか「ない」のか誤解のないように書きましょう。

結婚式の招待状の中にアレルギーを問う付箋があった場合のマナー

招待状に食物アレルギーの有無を問われたら、余計な気づかいはせずに

正直に書きましょう。

 

アレルギー情報は新郎新婦のほかに式場側でも特に注意をしています。

せっかくのお祝いの席で楽しんで食事してもらうためには必要な情報です。

 

アレルギーがある場合には、できるだけ具体的に食材または成分を記入しましょう。

知らせることによってメニューを選びやすくなりますし、スムーズに準備ができます。

 

では、アレルギーがある場合の記入例を紹介します。

 

・申し訳ありませんが○○アレルギーがあります

 ご考慮いただけると幸いです

 

・○○アレルギーがあります

 ご面倒をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします

 

・大変申し訳ありませんが ○○のアレルギーがありますので

 ご考慮いただけると助かります

 よろしくお願いいたします

 

など、お詫びの言葉を添えて書きます。

スポンサードリンク

 

次は、アレルギーがない場合の記入例をご紹介します。

 

・特にアレルギーはございません

 お心遣いありがとうございます

 

・アレルギーはありません

 お気遣いありがとうございます

 

・ご配慮ありがとうございます

 特にアレルギーはありません

 

など、「ちゃんと確認しました」ということがわかるように

空白ではなく一言メッセージを書くようにしましょう。

結婚式の招待状にはアレルギーの有無を申告すれば丁寧で面白い!

招待状にはアレルギーの記入欄がない場合もありますよね。

もしアレルギーがある場合はハガキの空白スペースなどに

アレルギーがあることを書きましょう。

 

結婚式場や披露宴会場では、アレルギーへの対応は慣れていますし、

特に注意しているのでアレルギーを申告しても失礼にはなりません。

 

披露宴の最中にアレルギーによる発作などが出ては大変ですし、

せっかくのお祝いの席が台無しになってしまいます。

 

また、アレルギーによる発作は起こさないけど

どうしても食べられないものがある人も多いと思います。

 

親しい友人などの場合には書いても差し支えないでしょうが、

アレルギーではないので返信には触れず、

当日に苦手で食べられない料理が出たら残すようにしましょう。

 

式場によって、または招待客の少ない小規模な披露宴の場合は

アレルギーから好き嫌いの範囲まで対応してくれるかも知れませんが

一般的にはアレルギーのみの対応になるります。

さいごに

アレルギーの返信の仕方などをご紹介してきました。

結婚式の招待状というと書き方も悩んでしまいますよね。

 

あと最後にもうひとつ、「アレルギーがある方はお書きください。」って

書かれていても「猫アレルギー」「スギ花粉」などは食べ物に関係ないので

書かないように注意してくださいね。

 

正直にアレルギーを書くのは、新郎新婦への一番の気づかいです。

式当日に出席している皆さんが楽しく食事ができると良いですね。

スポンサードリンク