スポンサードリンク

 

ここ何年かでコンタクトや、レーシックといったものが浸透していき、

視力が低かった方にとっては、メガネをかけずに視力が回復するようになったのは

とても助かるようになりましたよね!

しかしいろいろな技術が進化していった事で、

目の疲れや負担も増えてきています。

視力を失うことはとても恐ろしいことです。

今回ここでは「眼底出血」について紹介したいと思います。

 

この際知っておきましょう!眼底出血の原因はこちらです!

眼底出血とは、網膜の表面にある血管の弱い部分が破れたり、

血管が詰まることで起きてしまいます。

症状が悪化してしまうと失明などの恐れがあるので注意が必要になります。

主な原因は、事故や打撲といった強い衝撃が起きた場合に起きる事もありますが、

それ以外に、糖尿病や、高血圧、動脈硬化なの病気が隠れている場合があります。

症状もさまざまありますので、気になるなと思った方は早めに眼科を受診しましょう。

 

①視力低下

②物がかすんでみえる

③飛蚊症、虫や糸のようなものが飛んでいるように見える

④視野がかける

⑤色が違う色に見える

⑥ものが歪んで見える

 

といったものです。

 

スポンサードリンク

 

眼底出血の原因がわかったらぜひ治療を!必読!オススメ眼科選びとは?

眼底出血でも、糖尿病や、高血圧が原因の場合は、

その病気の改善することが先決になります。

症状が酷くないものであれば、数か月かけて軽減されるようになるのですが、

再出血をおこすようになると症状は悪化していき失明などの可能性がでてきますので

注意が必要になります。

 

治療方法は主に、出血を起こした網膜や、起こしやすい網膜に対して、

レーザー治療で凝固させることが多いです。

出血量が多い場合は、視力改善のために、

血液で濁った硝子体を取り除く手術が行われる可能性があります。

血管などが詰まらないように内服薬などで改善する方法もあります。

 

眼科選びをする際は、そういった手術をすることができる眼科を受診する、

眼底出血の手術をしている実績のある病院、

糖尿病などの改善の相談にのってくれる病院を選ぶのがおすすめです。

 

さいごに

眼底出血は主に中高年の方が多く、血管の老化から発症してしまうことが多いです。

出血を繰り返すことで、だんだんと視力が低下してしまうので、

そうなる前に受診し早期で改善したいところです。

近年、糖尿病の方も増えていき、それに伴い血管の老化も早まってしまいます。

一言に眼底出血といっても原因はさまざまな事が考えられますので、

自分の症状を軽視せず、不安に感じる事がありましたら

早めに受診をし症状を緩和していきましょう。

スポンサードリンク