スポンサードリンク

 

目が悪くなっても眼鏡をかけたくない人はいると思います。

20代の若い女性は見た目を重視しますよね?

コンタクトレンズについてわかりやすく紹介したいと思います。

視力回復したいアナタに教えます!コンタクトのメリット・デメリット

コンタクトレンズのメリットとデメリットをお伝えいたします!

【メリット】

コンタクトレンズのメリットは遠くまで物、形、大きさがよく見えます。 

眼鏡は熱いご飯を食べているときに湯気でレンズが曇ることがあります。 

コンタクトは食事で曇ることもなく眼鏡よりも広く物を見ることができます。

 

コンタクトレンズは、ソフトレンズとハードレンズがありますが、

ソフトレンズはスポーツ、運動など体を動かしても外れることがないのでおすすめです。

20代の女性は、見た目の印象を大事にするので知人、友達からみても

コンタクトをつけていない裸眼と同じような感覚でみることができます。

【デメリット】

直接目につけるのでコンタクトの使い方を間違えると目に傷がついてしまう可能性があります。

コンタクトは消耗品なのでお金がかかってしまいます。

眼鏡はコンタクトと違って安い値段であれば5,000円くらい買うことができます。

視力が変わらなければ同じ眼鏡をずっと使う事ができます。

コンタクトレンズは約3か月しか使うことができません。

コンタクトレンズは使った後にお手入れが必要なので、

ケアをする時間、ケア用品代を考えると、メガネよりお金がかかってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

コンタクトレンズの種類とはいったい?

ハードレンズ、ソフトレンズがあります。

ソフトレンズには通常タイプ、1日使い捨てタイプ、定期交換タイプなどがあります。

 

毎日使うなら酸素をよく通すハードレンズ、

うるおいタイプのソフトレンズなどがおすすめです。

ワンデータイプなら約5,000円~(両眼1ヶ月分)。

2週間使い捨てなどの定期交換タイプは、

約7,000円~(両眼3ヶ月分+ケア用品)。

使い捨て以外のハードレンズ、ソフトレンズなら

約30,000円~(両眼2枚+ケア用品)が目安になります。

 

種類、買う数によって値段が違います。

眼科での検査料が必要になるので、健康保険証を忘れないようにしましょう。

厳選!視力回復にオススメの目薬とはいったいどのようなもの?

ジクアホソル(ジクアス点眼液3%)

ドライアイ治療薬で、涙の粘液層を安定、正常に戻す効果があります。

ドライアイが改善できれば平均0.4まで低下してしまった視力を、

実用視力を1.oでキープできるまで戻った方もいるようです。

視力が回復した後は、目薬を使わなくてもいいので、

視力回復をしたい人から注目を浴びている目薬です。

 

レバミピド(ムコスタ点眼液UD2%)

胃潰瘍で傷ついた粘膜の炎症を抑えるムコスタと同じです。

目の炎症、角膜を回復する効果、目から出るムチンを作って

視力回復の効果がある目薬です。

 

視力回復に効果のある目薬は市販で売っている目薬よりも副作用が多いので

使うときは気をつけなければいけません。

今は市販されていないので眼科で戦勢と相談してみてください。

 

視力が低下している時は目を調節機能が一時的に低下している時は

市販の目薬でも視力が回復する効果があります。

目の代謝機能を活性化させるロートVアクティブ、

サンテボーティエなどがおすすめです。

さいごに

20代の女性は見た目を重視するので眼鏡をかけている人はあまりいないと思いますが

眼鏡はコンタクトよりも長く使うことができますし、

一年に一回は眼科に行って視力検査をしましょう。

 

スポンサードリンク