スポンサードリンク

 

最近目のかすみが気になる人はいませんか?

何が原因で目がかすんでしまうのか、わかりやすく紹介したいと思います。

 

こんなリスクが?!視力低下で起こり得る病気とは?!

目の疲れで目がかすんでしまいます。

自分の眼に合っていない度数の眼鏡、コンタクト、

長い時間パソコンを扱う、テレビゲーム、スマートフォンなどを

毎日触っている普通に生活をしている中で

目を疲れさせている原因になります。

気付かないうちに目を使いすぎています。

 

眼鏡、コンタクトが合っていれば無理な力を使って

ピント合わせる必要もなく目の筋肉疲労が少なくなります。

長い時間近くを見て作業をすると、物を見る時にピントを合わせる力が下がり、

節緊張になりやすく疲れ、かすみを感じやすくなります。

 

かすみが出る目の病気は白内障です。

白内障は老化現象の一種です。

目の中に膜が張ったようにかすんで見えます。

治療は目薬で進行を遅らせる方法があります。

完全に治すためには手術をします。

視力に影響がない病気がないは、白く濁った水晶体を取って人工レンズを入れます。

視力を回復させることができます。

かすみがとれない時は眼科を受診しましょう。

 

また、白内障以外で緑内障という病気があります。

白内障と違うことは簡単に手術ができません。

眼圧が高くなって目の視神経が悪くなる病気なので、長い治療時間が必要です。

急に眼圧が上がる緑内障発作を起こしたら

頭痛、吐き気、目の痛み、かすみなどの症状だけではなく視力が低下します。

脳の病気を疑いますが、すぐに眼圧を下げる手術が必要になります。

早めに手術をしないと失明する可能性があります。

 

スポンサードリンク

 

視力低下を感じたらまずはぜひ受診を!眼科受診の際のポイントは?

急激な視力の低下は近視だけではなく、

目の病気の可能性もあるので眼科を受診しましょう。

近視が原因で視力が下がったのであれば

メガネを作って視力を矯正することが大切です。

目の悪いまま裸眼で生活するとデメリットがあります。

 

物が見えにくい。

目が疲れやすい。

目つきが悪くなる。

さらに目が悪くなる。

矯正しても視力が出にくくなります。

目が悪くなった時はすぐにメガネを作ってもらいましょう。

早めに矯正すると視力が下がることが少なくなります。

メガネが嫌な人はコンタクトレンズをつけましょう。

 

自宅でできる視力低下の予防方法とは?

体と同じで目をたくさん使うと疲れがたまりやすくなり、疲れがとれにくいです。

パソコン、本を読む時などに近くをずっとみる時は

定期的に目を休ませる必要があります。

 

コンタクトはドライアイの原因にもなります。

長い時間コンタクトをしていると目の負担も大きくなり、

角膜に傷をつけてしまう可能性があり、目に酸素が足りなくなります。

正しい使い方を知っておくと、汚れによるトラブルがありません。

家はコンタクトより眼鏡を使ってコンタクトを着ける時間を短くすると疲れ、

かすみから症状を和らげる事ができます。

 

度が強すぎる眼鏡、コンタクトは、疲れ目、かすみの原因になります。

歳を重ねると近くのものが見えにくくなり、

一年に一回は度数が合っているか眼科で診てもらいましょう。

 

夏場、冬場などはエアコンを使っている時は、目が乾燥しやすいです。

エアコンの風が直接当たらないように加湿器などを使って部屋の加湿をしましょう。

加湿がないときは塗れタオルを部屋に置くと眼だけではなく喉も乾燥しにくくなります。

人工涙液などの目薬を使って乾燥予防をすると効果があります。

さいごに

目がかすんでくるのは視力が下がっているので

目の調子が悪い時は眼科に行くことをおすすめします。

目が悪くて眼鏡、コンタクトをしている人は

一年に一回は検査をしてもらいましょう。

 

スポンサードリンク