スポンサードリンク

 

若い方の中ではコンタクトを使う方が増えていき、

ファッションとしてカラーコンタクトを使うといった方もいるのではないでしょうか?

コンタクトは、角膜との密着度が高いので、角膜に傷がつきやすい状態になっているのです。

そういった背景からも角膜が傷ついているという方も多いのではないでしょうか?

角膜の治療法をご紹介したいと思います。

 

放置しないで角膜の傷!痛みの原因を知って治しましょう

角膜というのは、目の黒目の部分になります。結膜というのが目の白めの部分と

まぶたの裏側に広がる膜のことを言います。

「角膜」と「結膜」は外からの物理的な刺激に一番さらせれている部分のため、

傷もどうしてもつきやすい部分になるのです。

では、どのような事が原因で目に傷が入ってしまうかというと、

 

①目の中に異物が混入してしまう場合

目にまつげやゴミが入った時に目をこすってしまい、目に傷が入ってしまう可能性があります。

②コンタクトの間違った使い方

コンタクトレンズは、角膜の表面を覆ってしまうため、酸素不足の状態に陥っています

コンタクトの使用期限を守らない、洗浄不足、長時間のコンタクトレンズの使用などにより、

角膜を傷つけている可能性があります。

③ドライアイ

涙が減り、目は乾燥を引き起こし、ゴロつき感や、充血、

目の表面が乾く事によって黒目の角膜にも傷をつけてしまう可能性があります。

 

スポンサードリンク

 

こちらも必見!角膜の構造と傷が治るメカニズム

角膜は先ほどもご紹介したように、黒目の部分であり、傷がつきやすい部分になっています。

しかし、その傷の修復のメカニズムを持っているのが、角膜なのです。

角膜の厚さは0.5mmで、

角膜上皮、ボーマン膜、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮の

5層から成り立っています。

傷がついてしまった時の治療の方法は傷が小さく浅いうちは自然に治ることもありますが

自然に治らなかったりした場合は、点眼液などが有効になります。

 

他にはコンタクトの使用をやめるのがおすすめです。

コンタクトと角膜は密着度が高いため酸素不足により、

角膜に傷がついてしまっている可能性があります。

 

こういった場合はコンタクトの使用を一旦やめメガネなどを使用し、

目を休ませることが大切になります。

 

さいごに

角膜に傷ができコンタクトを使えなくなるは嫌だと思うかもしれませんが、

コンタクトを使えなくなることよりも、コンタクトが原因で視力を失ってしまうと

視力は戻ってきませんので、そうなる前に注意していきましょう。

目に違和感を感じたら、早めに眼科を受診し早期に改善していきましょう。

スポンサードリンク