スポンサードリンク

 

OL さんはパソコンで仕事をしている時間が多いと思いますが

最近視力が低下してきたなぁと感じることはありませんか?

わかりやすくまとめたので紹介します。

 

年を重ねると若い頃とは違って体力だけではなく、

視力が低下、運動能力低下、深夜作業、夜勤ができなくなります。

年を重ねると視力低下だけではなく老眼、白内障の症状が出ます。

 

老眼は、物をしっかり見るために必要なレンズの調整能力が低下します。

老眼になると近くの物が見えにくくなるので新聞紙などの雑誌を読む時は

老眼かついた眼鏡が必要になります。

目には水晶体があり、弾力がなくなるので硬くなります。目で物をみようと

しても水晶体の厚さを調節することができずぼやけてみえます。

 

【老眼をチェックする方法】

40cm離して新聞、本などが読めないと老眼の可能性があります。

白内障は症状は目がかすんだり、まぶしくなるなどの症状があります。

視力低下になるのが白内障の特徴です。

目にある水晶体が白く濁って物がかすんで見ている物が

見えにくくなるので視力が低下します。

 

長い時間机でパソコンの画面を見たりスマホの画面を長い時間見ると

目の疲れが溜まって視力が下がる時があります。

パソコン、スマホの画面はブルーライトを使っていて神経を興奮させる働きがあります。

寝る前はできるだけみないようにしましょう。

たくさん寝ても疲れが取れにくくなります。

 

毎日の仕事、家事などのストレスを長い時間感じていると自律神経に影響を受けます。

血流を悪くなったり、体の回復機能が下がると

目の疲れが取れにくくなって視力が低下します。

 

目は脳の病気の影響で視力が低下する時があります。

そんな時は精密検査をすると原因がわかる時があるので病院で検査をしましょう。

スポンサードリンク

今すぐ読んで!視力低下と頭痛の関連性を徹底解説!

視力低下、頭痛の関係は眼精疲労が原因です。

 

デスクワークが多いOLさん、

サラリーマンは最近メガネが見えにくい、

メガネを新しく変えた、

コンタクトレンズ(ハードコンタクト、ソフトコンタクト)

を買ってみたが慣れない人はいませんか?

 

自分の視力に合っていない眼鏡、コンタクトレンズをしていると

目の奥にある筋肉が疲れてしまい、ピントを合わせる働きが下がります。

視神経と繋がっているので脳も疲れて神経が炎症が起きて偏頭痛が出ます。

すぐに行きつけの眼科に行って診察を受ける事が大切です。

 

偏頭痛はズキズキと痛みがあり目の奥から痛みがある頭痛です。

酷い時は吐き気、おう吐などがあり目を開けるのがきつくなります。

偏頭痛があるときは、布団に横になって目を閉じて安静にしましょう。

 

偏頭痛とは異なりハンマーで頭を殴られてような痛みがあります。

頭の痛みがひどいので、目まい、かすみなど話す事が難しくなります。

この痛みは目でなく脳に異常があるのですぐに病院に行きましょう。

 

視力低下を感じたら要注意!放置は失明のもとになるかも!?

緑内障は目の神経に異常がでて脳、目への連携が取れにくくなります。

日本は目が見えなくなる原因が多い病気です。少しずつ視力が見えなくなります。

最初は目がかすんでいるなと勘違いすることが多いので気づくのが遅くなります。

40歳以上の人がかかりやすいので初期段階で見つけないと失明してしまう怖い病気です。

 

白内障は外からの光を屈折させて網膜に映し出す役割を持っています。

水晶体が白く濁ってしまうことが原因ですが、

日本では眼科を定期的に通うことで悪くなることはありません。

海外では子供、お年寄りが失明にかかりやすい病気です。

 

目の病気だけではなく脳の病気も関係があります。

くも膜下出血は脳の中にある血管が詰まる事が原因で起こります。

動脈硬化、高血圧が高い人に多く、脳の血管が破裂すると

気絶したりそのまま亡くなってしまう怖い病気です。

症状としては吐き気、頭痛、めまいなどがあります。

目の痛み、視力低下などの症状が出る時もあるので心配な人は病院で検査を受けましょう。

さいごに

40歳頃になると老眼が出始めると視力が下がるのは注意が必要です。

40歳のOLさんはパソコンに向かっている時間が長いので

上記であげた症状があれば病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク