スポンサードリンク

 

毎日同じ姿勢をしてパソコンの作業をしている人は肩こりが凝っている人いますよね?

肩こりからくる頭痛についてまとめてみましたのでご紹介したいと思います。

これでスッキリ!肩こりからくる頭痛の原因まるわかり講座

肩が凝っていると頭が痛くなる理由は目が酸素が足りていないからです。

脳の栄養はブドウ糖ですが酸素も大事です。

脳の細胞を維持したり、動かすには酸素が必要になります。

 

脳が酸素を使う割合いは体全身で考えると約20〜25%消費します。

会社でパソコンを使っていると無意識に呼吸が浅くなるので

頭が痛くなってきたら深呼吸をしてみて下さい。

 

脳に酸素が足りないとあくびが出ます。

このあくびは体の中に酸素を取り入れるためです。

寝ている時は濃、体は休んでいる状態なので酸素を取り入れるのが少なくなります。

昼夜問わず眠い人はあくびがよくでていますよね?

あくびが出ている人は酸素が不足しているのかもしれません。

肩こりになる理由を解説!

スポンサードリンク

筋肉は例えるならゴムみたいに伸び縮んだりする働きがあります。

血液を送るポンプで血液だけではなく酸素、栄養も運びます。

肩が凝ると肩、首まわりにある筋肉が硬くなり伸びたり縮むことができなくなります。

 

酸素は脳だけではなく体全体に巡らせているのでたくさん酸素を使います。

頭にも実は薄い筋肉があり、首、肩まわりの筋肉が固くなると

頭の筋肉まで固くなるので肩こりがひどい人は

整骨院で治療してもらうことが大切です。

肩こりからくる緊張性頭痛とは一体?

頭痛は風邪の時に頭が痛む時が多いですよね?

風邪の時と同じ痛みとして緊張性頭痛があります。

 

緊張性頭痛は、肩、首の筋肉がこりが原因で頭が痛くなります。

この頭痛がある人はパソコンで作業する事が多いです。

緊張性頭痛の特徴は、肩から頭にかけて持続的に鈍い痛みがあります。

緊張性頭痛は命の危機にさらされたり、

耐えられない痛みになることは少ないですが、

持続的に頭痛があるのはきついですよね。

 

緊張性頭痛は、肩、首の周りの筋肉が固くなると

血液の流れが悪くなって症状が出やすくなります。

緊張性頭痛の人は、日本人全体で約40%かかっています。

 

緊張性頭痛を予防する方法!

同じ姿勢をしないように仕事の合間に時々立ち上がり体を動かすことが大切です。

肩を回したり、伸ばしたりなどちょっとした肩の体操をするといいですね。

休みの日は運動をすると緊張性頭痛の原因になる肩こりを改善することができます。

 

温泉に入って体を温めると筋肉の緊張が解けて血行も良くなります。

手足を伸ばしてゆっくりお湯につかるとリラックス効果が期待できます。

日帰りで帰れる温泉施設があるので

疲れてストレスが溜まっているなぁと感じたら気分転換をしましょう。

 

ストレッチだけではなくラジオ体操がおすすめです。

いつもより早めに起きてラジオ体操をすることで

体の緊張が解けて体がスッキリします。

毎日継続的に行うことをおすすめします。

 

運動をしないと下半身の筋肉が薄くなって上半身を支える力が弱くなるので

上半身に負担がかかり筋肉が疲れやすくなるのでウォーキングをしましょう。

ウォーキングはただ歩くだけでは効果がありません。

腕を振りながら歩くと肩の筋肉の緊張がほぐれて肩こり頭痛が改善されます。

ウォーキングをする時間がない人は、通勤時間にたくさん歩きましょう。

駅から会社まで歩くときに1駅分歩いたり階段を利用するといいですね。

 

肩の痛みがひどい人はツボ押しがいいですよ。

身体のツボを押すことで、

気の流れを調整する事ができるので肩こりを改善します。

肩こりに効くツボは首、肩の周りにあります。

専門の人でないとツボがあるのか難しいですよね?

 

ツボ押し以外でもマッサージをすると肩こり、頭痛に効果があります。

ツボ押し、マッサージをやりすぎると翌日体が痛くなったりするので気をつけましょう。

 

実は食べ物で肩こりを改善する事ができます。

春菊は上半身の血行を良くする効果があります。

春菊の匂いは新陳代謝、血液の流れを良くする働きがあります。

春菊は天ぷら、お浸し、お好み焼きなどに混ぜて食べましょう。

知っておきたい!肩こりからくる頭痛が眼精疲労になった時の対処法

目の周りは薄い筋肉が密集しているので目を使い続けると薄い筋肉に疲れ、コリが

溜まります。目に疲れが溜まり続けると眼精疲労になりやすいです。

目だけではなく首から肩にまで症状が出ます。首筋から肩にかけて筋肉が緊張して

血行が悪くなり肩こり、頭痛の症状が出やすくなります。

 

眼精疲労の予防は自宅、職場のパソコン環境を見直してみる事が大切です。

ディスプレイ、キーボードは、目の位置より下にくるように設置して

目線より高い位置に画面があると眼球が空気に触れる事が多くなるので

目が乾きやすくなります。

椅子は猫背を防ぐために背中のカーブに沿ったものを選んで正しい姿勢を保つ事が大切す。

部屋の電気は白熱灯に変えると目の負担を少なくする事ができます。

長い時間パソコンを使う人は1時間に1回は休憩をとる時は軽い体操、指圧などを行い

凝りがたまった筋肉の緊張をほぐすと眼精疲労による肩こり、頭痛を防ぐことができます。

さいごに

肩こりからくる頭痛はきついですよね?

肩こりはずっと同じ姿勢をしていると、肩が凝りやすくなる原因になるので

時々、簡単な体操をすることをおすすめします。

日常生活を見直して運動を生活の中に取り入れる事で肩こりが改善されるといいですね。

 

スポンサードリンク