スポンサードリンク

 

日本人の多くの方が「腰痛」で悩んでいるのではないでしょうか?

年齢を重ねていくごとに辛くなってくる「腰痛」一度痛めてしまうと慢性化し、

繰り返し痛みが出てくるのでどうにか改善したいですよね?

ギックリ腰などの腰痛は、若い方でも起きてしまう可能性があるので注意したいですね。

腰痛でも痛みの種類や場所によって原因なども変わってきますので、

「腰痛」について詳しくご紹介します。

 

腰痛の症状から考えられる原因と病気は?種類別に解説します!

腰痛の酒類は大きく分けて4つに分けることができます。

①骨や筋肉などの組織の損傷

②神経障害

③ストレス

④内臓の病気

などがあげられます。

 

また、どのような動きをすると痛みが出るのかによっても

腰痛の原因が分かりますのでご紹介します。

 

①起床時、寝返り時、立ちあがる時に痛みが伴う場合は加齢の可能性があります。

起床時に強い痛みを感じ、徐々に痛みがおさまっていくのは腰椎関節の炎症による腰痛が考えられます。

②前かがみの姿勢や寒さで痛みを感じる場合は神経が原因の腰痛です。

こういった腰痛の場合は、「腰痛症」という種類の腰痛の可能性があります。

この腰痛は、重症化した痛みが慢性的に続いてしまう可能性があります。

③痺れの症状がある場合は椎間板ヘルニアの可能性があります。

腰から下半身にかけての痛みと、痺れを感じます。これが悪化していくと、

立つのも辛く感じてしまいます。

④腰を伸ばした時や、同じ姿勢でいた場合に痛みが出るのは脊椎が原因の痛みとなっています。

 

このように腰痛といっても痛む時の様子で原因はさまざまなのです。

なので、まず自分の腰痛の痛みがどのタイプなのかを理解し、改善していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

1日5分でできる!腰痛の症状別の対策をご紹介!

腰痛のさまざまな種類や、原因についてご紹介していきましたが、

次に、症状別の対策についてご紹介していきます。

①腰痛症

検査をしても中々原因が分からず、治りにくく慢性的に痛みがある腰痛で、

こわばる、だるい、重い、こるといった症状です。

対策としては、電気療法や、温湿布、マッサージ、などの治療法になります。

②ぎっくり腰

不意な動きをしたときに強い痛みがおき、そのままの姿勢から動けなくなります。

ギックリ腰が起きやすいのは、運動不足や、肥満傾向にある場合、

筋肉を使う重労働が多い場合に起きやすくなっています。

対策は、安静にすることが大切になります。

筋肉の血行を良くし、緊張を解き腰椎や仙骨の角度を改善することが大切になります。

③椎間板ヘルニア

椎間板が後方に突出してしまい、脊椎を縦断している神経に接触するたびに、

神経痛が「ビリっと」走る感覚です。

急激に重いものを持ったりする場合や、20~30代に急激な腰痛があった場合に注意が必要になります。

対策は、整形外科などで牽引、ブロック注射、外科手術といった場合もあります。

ストレッチとトレーニングで椎間板が狭くならないように、

変形しないように保つことが大切になります。

 

さいごに

腰痛で悩む方はたくさんいらっしゃると思います。

年齢関係なく痛みがでてくる事がありますので、腰痛を悪化させないためにも、

日頃から適度の運動と、ストレッチ、体を冷やさない事が大切になってきます。

腰痛が酷くなると仕事や日常生活にも影響がでてきますので、注意していきましょう。

スポンサードリンク