スポンサードリンク

 

ポカポカ陽気ですと、自転車も乗れるようになり、

自転車を乗る際に雨が降ってきても大丈夫なように、

レインコートが必要になりますよね?

レインコートもオシャレなレインコートや、機能性に優れたレインコートまで

さまざまな種類があります!そこで今回はレインコートについて紹介いたします!

 

おしゃれなレインコート特集・自転車通勤のメンズは必見です!

スポンサードリンク

自転車通勤の際にレインコートを選ぶ際にどのような事を重視しますか?

レインコートも機能性に優れたものや、バイク用のもの、おしゃれなもの、

などさまざまな環境に合わせたレインコートがあります。

その中で自分は何を重視したいかを決め、レインコートを選ぶのをおすすめします。

 

①絶対濡れないもの

②長時間着ていても蒸れないもの

③短時間の通勤に合わせたもの

④おしゃれなもの

⑤カバンに入れても荷物にならないもの

⑥値段

 

などさまざまな理由があると思います。

自転車を乗りながらレインコートを着るのにおすすめしたいのは

「ポンチョタイプ」のレインコートです。

ポンチョタイプは、脱ぎ着しやすく、リュックなどを背負ったまま着る事ができ、

通気性もよく、カバンに入れても荷物にならないのでおすすめです!

 

レインコートを身にまとって自転車通勤の際濡れないポイント3つ

 

通勤の際に急に雨が降ってきたなんて時にレインコートがあると助かりますよね?

かといって安いものだと雨を本当に防げるかも心配になりますし、

大きいものだとカバンに常に常備させておくのは荷物になってしまいますよね?

 

ではどんなものを持ったら良いか考えます。

そこでここではレインコート身にまとった状態で濡れないポイントをご紹介します!

レインコートでも丈の長さやリュックを背負う人向けなど

さまざまな種類がありますので、特徴をご紹介します。

 

1.ズボンがある or ないタイプ

レインコートはズボンが有る、無いなどのタイプがあります。

ズボンが無いタイプですと、ひざ下ぐらいから濡れてしまうので、

丈が長めのものを選ぶと濡れずにすみます。

 

2.撥水 or 防水タイプ

撥水と防水の違いですが、撥水は通気性を保ちながら、水を通さないように加工されており、

防水タイプは生地表面をコーティングし、水を通さない加工になっています。

 

3.フードがある or ないタイプ

レインコートでは、体だけではなく、お顔も濡れない事も重要になってきます。

そこでポイントになるのが、フードの部分になります。

フード部分にキャップ帽のようなツバが付いているタイプで、

透明だと視野が広くなるのでおすすめです。

またフード部分に調節できるヒモなどがあると、

お顔の幅に合わせて調節出来るのでこれもおすすめです。

 

さいごに

 

最近自転車の取り締まりなども強化されるようになり、傘を差しながら自転車を乗るのは

危険と言われているので、レインコートは今後必要なアイテムになります。

自分に合ったレインコートを見つけ、

通勤の際に快適に通勤できるようになってほしいなと思います。

 

スポンサードリンク