スポンサードリンク

 

口角炎はビタミン不足や真菌の感染、免疫力の低下などが原因で

唇の両端が炎症を起こし亀裂や腫れ、出血を伴う病気です。

 

口角炎になったら食事もままならずとても大変ですよね。

 

口を開くだけで出血してすぐにかさぶたができても

すぐにそのかさぶたが避けてなかなか治らないことが多くて困りますね。

 

この記事では口角炎が治らない原因について紹介します。

 

口角炎の原因として考えられるもの”乾燥”

 

唇が乾燥していると切れやすくなり、

かさぶたができてもすぐにそれが剥がれ、

というのが繰り返されます。

 

こうなるとなかなか治らないので、乾燥しないように、

外に出るときにはマスクをつけたり、

唇をあまり舐めないようにしましょう。

 

その他にもリップやワセリンを塗ってかさぶたを剥がれにくくして、

大きく口を開けないように気を付けて生活しましょう。

 

かさぶたができてしばらくすると忘れがちになるので

大きなあくびをするときには十分気を付けましょう。

 

スポンサードリンク

 

口角炎の原因として考えられるもの”ストレス”

 

ストレスでも口角炎になることがあります。

 

ストレスによって免疫力が低下し、細菌やウイルスが感染して

口角炎になってしまいます。

 

免疫力が低下すると風邪やインフルエンザなどほかの病気にも

なりやすくなります。

 

ストレスをなくすことは難しいと思うので

定期的にストレスを解消できるような趣味をつくってみてはいかがでしょうか。

 

口角炎を早く治すにはビタミンが不可欠

 

口角炎の予防や回復はビタミンが欠かせません。

 

ビタミンB2は免疫力向上とともに皮膚や粘膜を守る働きがあるので、

多く摂取するようにしましょう。

主に、レバーやうなぎ、納豆などに多く含まれています。

 

ビタミンB6は粘膜強化に関わり、肌荒れや吹き出物を出にくくする作用があります。

しかし、過剰に摂取しすぎると悪い影響が出るので

適度な量を摂取するようにしましょう。

 

ビタミンAは、粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあります。

口角炎を繰り返さないためには欠かせません。

 

 

さいごに

 

口角炎になると口を思うように開けられず普段生活する上でとても不便です。

 

自分の口角炎がなかなか治らない理由は分かりましたか?

 

早く治すにはかさぶたをはがさないことが大事です。

 

つい口角炎であることを忘れて大きなあくびをしてしまう

なんてこともあるので気を付けて治していきましょう。

 

また、口角炎を繰り返さないためにも

普段の食事から栄養バランスを意識してみましょう!

スポンサードリンク