スポンサードリンク

 

大事な会議の前日の風邪ほど厄介なものはありませんよね。

 

風邪とは、ウイルスが喉や気管に侵入・繁殖し、炎症を起こすことです。

 

風邪を治すには休息が一番ですが、どうしても休めない時ってありますよね。

 

ここでは、そんな時の風邪の対策を紹介します。

 

 

今すぐ簡単にできる!風邪のひきはじめの症状セルフチェック

 

風邪にも鼻からくる風邪や頭痛からくる風邪、喉からくる風邪などがあります。

 

まずはどのような症状がある風邪なのかチェックしましょう。

 

風邪の引き始めの症状は、

 

・くしゃみが多い

・鼻水、鼻づまり

・喉が痛み、咳が多い

・頭痛

・寒気、悪寒

 

このような症状が出ている場合は風邪の可能性があります。

 

風邪の対策が少しでも遅れると症状が悪化してしまうので、

少しでも風邪かなと思ったらすぐに対策する必要があります。

 

スポンサードリンク

ぜひお試しあれ!風邪のひきはじめに効果的な対策3つ!

 

風邪には上記のようにさまざまな症状がありますが、

その中でも喉からくる風邪の対策を3つ紹介します。

 

1.水分補給

喉が乾燥するとそこで菌が繁殖してしまうので、

たくさん水分をとって喉が乾燥しないようにしましょう。

 

また、夜寝ているときに喉が乾燥しないようにマスクを着けて寝るのも良いですね。

 

 

2.喉をケア

喉が痛むのは、そこに風邪のウイルスがいるからです。

水やお茶でこまめにうがいをして喉をケアしましょう。

 

お茶にはカテキンという物質が入っていてカテキンは抗菌・殺菌効果があるので

お茶があればお茶でうがいしましょう。

 

また、うがいをするときは喉に刺激を与えないように

常温の水またはお茶でうがいするようにしましょう。

 

 

3.ビタミンC補給

風邪などのウイルスをやっつけるのは白血球の役割です。

 

そして、白血球の働きを助けるのがビタミンCです。

 

ビタミンCが多く含まれるものをたくさん食べて白血球に頑張ってもらいましょう。

 

ちなみに、ビタミンCが多く含まれるものには

ブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜、

レモンやいちごなどの果物があります。

 

以上の3つを対策することで少しは症状を抑えられると思います。

 

どのような対策をしても風邪になってしまったら、

治すにはやはり睡眠が大切です。

 

会議前日でもできるだけ多く睡眠時間をとるようにしましょう。

 

 

さいごに

 

風邪はひき始めにすぐに対策するのが一番です。

 

少しでも遅れると症状が悪化して会社や学校を休まざるを得なくなってしまいます。

 

また、大事な会議の前日に風邪をひいてしまわないためにも

普段から免疫力を付けて風邪をひかないように

予防することも大切です。

 

まずは、手洗い・うがいから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク