スポンサードリンク

 

猫アレルギーの検査ってどこですればいいのでしょう?

病院に行くのはいいけど何科に行けばいいの?

 

猫アレルギーの検査は、内科・皮膚科・耳鼻科・アレルギー科

で検査できます。

 

ただ、検査はできるのですが猫アレルギーだった場合

対処法を詳しく説明してくれるアレルギー科で検査することを

おすすめします。

 

近くにアレルギー科がない場合は内科や皮膚科などで

とりあえず検査してみるのもいいでしょう。

 

今では、自宅でアレルギー検査も行えるセルフキット

が販売されています。

 

病院もセルフキットも同様で血液検査になります。

 

検査はちょっと...という人は、猫カフェやペットショップなどに

行って症状が出ないか確かめてみましょう。

 

アレルギーは、いつ出るか分かりません。

猫を飼ってから症状が出る人もいます。

 

アレルギー対策はしっかりしていきましょう。

スポンサードリンク

 

ところで猫アレルギーの検査の費用はどれくらいかかるの?

 

病院は内科や皮膚科、アレルギー科に行くのが分かりました。

では、費用はどれくらいかかるのでしょう?

 

保険が適用されるか、されないかで相場が違います。

症状が出てから病院へ行くと保険適用となり、

3000円~6000円くらいになります。

 

症状が出ていない状態で検査すると、保険適用外になります。

病院によって料金が異なりますが、数万円かかります。

 

どちらにせよ、検査を受ける前に病院で確認してください。

 

自宅で行うセルフキットは、6000円~20000円くらいと

費用の範囲が広いので、自分の好みで選んでくださいね。

 

それ猫アレルギーかも?!症状と皮膚の対策を詳しく教えます!

 

猫のアレルゲンは8種類あります。

 

「Fe1 d 1」

セクレトグロビンから構成されています。

約90%の猫アレルギーの人が反応を示すと言われています。

 

「fe1 d 2」

アルブミンから構成されています。

 

「fe1 d 3」

シスタチンから構成されています。

猫アレルギーの人の60%以上が、このアレルゲンに対するIgE抗体があるそうです。

 

「fe1 d 4」

リポカリンから構成されています。

猫の唾液に含まれています。

動物アレルギーの人の60%以上がIgE抗体を持っています。

 

「fe1 d 5」

「IgA」免疫グロブリンの1種から構成されています。

猫の唾液に含まれています。

 

「fe1 d 6」

「IgM」免疫グロブリンの1種から構成されています。

 

「fe1 d 7」

リポカリンから構成されています。

猫の舌にある器官から分泌されています。

 

「fe1 d 8」

ラセリンに似た物質から構成されています。

 

上記の中でも「fe1 d 1」と「fe1 d 4」に反応する人が最も多いそうです。

これらが猫の毛やフケなどに付着して空気中に飛び散るんですね。

そして、人が触れアレルギー反応を起こしてしまうんです。

 

皮膚は、発疹・かゆみなどの症状が主です。

 

猫に頬ずりやキスなどをすることがありますが、

唇が荒れたり、腫れたりなど起こることがあるので

猫に顔を近づけるのは避けたほうが良いでしょう。

 

猫に触った後は必ず手洗い・うがいをしましょう。

猫を飼っているのであれば、部屋の掃除はこまめにしてください。

そして、猫のブラッシングは毎日して抜け毛を少なくしましょう。

 

部屋には猫の毛が付着しやすい物は置かないように気をつけたり

着た衣服は毎日、洗濯したりコロコロをかけるなどして

なるべく猫の毛との接触を避けるように工夫をするようにしてくださいね。

 

 

さいごに

 

お役に立てたでしょうか?

 

アナタと大好きな猫が楽しく共存できることを

心より祈っております。

スポンサードリンク