スポンサードリンク

 

食材にはこだわるけど、炭にはたいして気を配ってない人って

結構いらっしゃると思います。

でもバーベキューって意外と炭ひとつで、

その日一日の充実度が変わってくるものなんです。

適当な炭を買ったはいいけど、火もなかなかつかないし煙も匂いもきつく、

食材を味わうどころじゃない。

 

そんなことにならないためにも今回のバーベキューは

炭にこだわってワンランク上のバーベキューを演出しましょう!

 

まずは炭の種類を簡単に見ていきましょう。

炭はおおまかに黒炭・白炭・マングローブ炭・オガ炭があります。

価格はおよそ白炭>黒炭>オガ炭>マングローブ炭の順になります。

 

一番高価な白炭は備長炭と表記されていることが多いですが、

長時間安定して燃えてくれるし、灰も煙も匂いも少ないので

バーベキュー向きなのですが、

なにせ高価なうえに火つけ難易度が高いので

初心者の方にはオススメできません。

 

マングローブ炭などの安価な炭は煙や匂いもきつく、

燃焼時間が短いので炭の追加のペースが早くなって

結局はコスト高になりかねないのでオススメできません。

あとパチパチはじけて火の粉が舞い、化繊の衣服だと結構穴が開いたりします。

 

実用的なのは黒炭とオガ炭。

黒炭はパチパチと爆ぜることも少なく、

白炭には劣りますが灰、煙や匂いも少なめです。

ただ白炭よりも軽く火がつきやすいといった利点があります。

一方、オガ炭は爆ぜることもなく長時間安定して燃えてくれるものの、

火つきが悪いのが難点。

個人的には黒炭で火起こししてから

オガ炭を追加でくべていくのが効率が良いと思います。

 

スポンサードリンク

用途に応じて知っておこう!バーベキュー時の炭の量ガイド

 

炭の種類によって燃焼時間が変わるので一概には言えませんが、

簡単な計算式を覚えておくだけでそのバーベキューパーティで

どのくらい炭を準備しておけばよいかわかります。

 

参加人数が決まっている場合

人数×時間=準備する炭のキロ数

3人で2時間楽しみたいなら6キロ準備しておけば大丈夫。

 

参加人数が決まっていない場合

コンロの台数×時間=準備する炭のキロ数

2台のコンロでだいたい4時間くらいなら8キロ程度準備しておけば安心ですね。

 

いかがですか?

計算式とは大げさでしたが、参加人数や楽しむ時間がわかれば

炭不足で嘆くこともなくなります。

 

これでアナタもバーベキューの達人!炭の置き方をマスターしよう!

 

 

 

1.まずコンロのなかに着火剤を設置

できれば中心より少しずらしたところに置くといいです。(理由は後で説明します)

 

2.そして着火剤を囲むように新聞紙を棒状に撚ったものを

井桁状に3段以上積む

(井桁状にすることで着火する際に空気が取り込まれやすくするため)

 

3.さらにそれを囲むように炭をレンガ積みしていく

(このとき炭は炭内部の空洞の向きを縦にしてできるだけ丁寧に積む。

はじめは小さい炭を使ったほうが着火しやすい)

 

4.そしてある程度、3~4段かまど式に積み上げたら着火剤に点火する

(軍手や革手袋の着用は忘れずに)

 

※このときガスバーナーやチャッカマンなどを使うと安全に着火できます。

 

炭起こしが成功して燃え上がったあと、炭が白くなってきたら食材を網で焼いてOKです。

このとき炭は中心でなくコンロの片側によせて焼いてください。

網の上で火の当たらない食材の保温スペースを作るためです。

 

炭の置き方を適当にするとかえって時間をかけることになります。

バーベキューでいちばん気を使うのは、

火起こしのための炭の置き方といっても過言ではありません。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

炭ひとつでもこんなに気を使うことがわかりました。

炭は黒炭やオガ炭がオススメ、そして人数と時間でわかる炭の量。

気を使うからこそ、バーベキューにも上手い下手があり奥が深くなるんです。

せっかくだったら美味しい食材をいい炭で焼いて、

最高の思い出になるようなバーベキューパーティにしたいですね。

 

スポンサードリンク