スポンサードリンク

 

1年の中で唯一長期休暇のある、ゴールデンウィーク。

子どもたちにとってはお休みがいっぱいで、嬉しいものですよね?

そんなゴールデンウィークに「憲法記念日」という祝日があるのをご存じでしたか?

そこでここでは、そんな「憲法記念日」を子どもに説明する際に、子供でも分かるよう

解説していきます。

 

知っていた?憲法記念の由来について

 

スポンサードリンク

 

5月3日は「憲法記念日」なのをご存じでしたか?

日本は太平洋戦争の敗戦により、軍国主義から、平和主義へと国の方針が変わりました。

その過程で新憲法(日本国憲法)が制定されたのです。

 

そんな憲法記念日の由来は、

「日本国憲法」の施行の記念日として「憲法記念日」となった祝日なのです。

 

現在施行されている日本国憲法の三大原則は

①国民主権

②基本的人権の尊重

③平和主義

 

です。

 

そこに規定されていることは

◎象徴天皇制

◎三権分立

◎戦争放棄

 

です。

 

すごく簡単にまとめると、

日本に住む人の意見を大切にし、戦争をせず、1人1人を大切にしましょう。

という意味です。

 

明治憲法から新しい憲法として日本国憲法は1946年11月3日に公布され

1947年5月3日に施行されました。

その憲法が施行された5月3日を記念日にしたことにより、

「憲法記念日」といわれるようになったのです。

憲法記念日には、国が成長するようにと願って祝日とされているのです。

 

公布とは、国会で制定された法律が天皇陛下や官公庁によって

一般の国民に知らされることです。

施行とは、公布された法律が実際に効力を持って適用されることです。

 

 

憲法記念日と文化の日、何が違うの?

 

先程ご説明したように、日本国憲法が施行された日を「憲法記念日」とされていますが、

日本国憲法が公布された11月3日は「文化の日」と言われているのをご存じでしたか?

 

そんな文化の日についてここではご説明いたします。

 

「文化の日」は日本国憲法が「平和と文化」を重視した内容なので、

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」

1948年に「文化の日」と決められました。

 

5月3日憲法記念日は、日本国憲法の施行を記念する日

11月3日文化の日は、日本国憲法の公布を記念する日

なのです。

 

 

さいごに

 

いままで何気なく過ごしていた祝日にこのような歴史があったのをご存じでしたか?

「憲法記念日」と「文化の日」の2つの祝日には関係性があるのです。

今の子供たちは、戦争を知らないので日本の祝日を通して、日本の歴史や文化に

ふれていただき、祝日を大切に過ごしていただきたいなと思いました。

 

スポンサードリンク