スポンサードリンク

 

みなさんは4月29日といえば「みどりの日」ですか?「昭和の日」ですか?

今は「みどりの日」が「昭和の日」に改正されているのをご存じでしたか?

何気なく過ごしていた祝日ですが、祝日の意味にはさまざまな意味がるのです。

ここではそんな祝日についていろいろご紹介いたします

 

昭和の日の意味は?みどりの日と何が違うの?

 

スポンサードリンク

 

最近改正された「昭和の日」元は「天皇誕生日」でした。

これは昭和天皇の誕生を記念しての祝日。

昭和64年1月7日に崩御なされたため、「天皇誕生日」は今上天皇である

明仁陛下の誕生日である12月23日に移動したのです。

これにより、1989年に4月29日は「みどりの日」になりました。

 

これは昭和天皇が生物学者で自然や緑を愛する方だったということもあり、

「みどりの日」といわれるようになりました。

 

そんな「みどりの日」2007年の法改正により「昭和の日」に変わったのです。

4月29日が「昭和の日」に変わったのは、

「昭和」という激動の時代を忘れない為に制定されました。

「みどりの日」は5月4日に移動したのです。

 

 

昭和の日の由来は?? なんでみどりの日と変わったの?

 

祝日には「祝日法」という国民の祝日の法律があるのですがご存じでしたか?

最近では「みどりの日」が「昭和の日」に変わりました。

先ほどご説明したように「昭和の日」とは昭和の激動を忘れないために制定されました。

 

「昭和」という言葉を祝日として残しておいてほしい!

という国民の要望が国会を動かしたのです。

そんな「昭和の日」これが決まるまでにはとても時間がかかったのです。

 

最初は、新しい名称は「昭和記念日」という案があったのですが、

当時の国会の野党の反対で採用されませんでした。

 

その後2000年に「昭和の日」への変更のため法律改正案が国会に提出されたのですが、

衆議院の解散により2度も流れてしまいました。

しかし2005年の第2次小泉内閣の時に「昭和の日」へ名称を変更する法律が成立しました。

これが、4月29日の「天皇誕生日」、「みどりの日」、「昭和の日」となった経緯なのです。

 

 

さいごに

 

祝日はただの休日ではなく、意味があり制定された休日です。

今の日本が平和なのは、昭和という時代は大戦もあり激動の時代であったからです。

昭和の時代に辛い思いを持っている方も沢山いらっしゃいます。

 

ただ何気なく過ごすのではなく、祝日の意味を理解しながら過ごすと

また違う休日の過ごし方ができると思います。

 

沢山の方が犠牲になった第二次世界大戦のような戦争が二度と起きないようにも、

国民の祝日、歴史を大切にし、日本大切にしましょう。

 

スポンサードリンク