スポンサードリンク

 

4月29日の祝日はゴールデンウィークの始まりでもあり、

子供にとってはウキウキしますよね?

子どもにとっての祝日はお休みなのでうれしいものですが、そんな祝日の意味を

しっかり教えてあげる事はできますか?

「みどりの日」から「昭和の日」にかわった祝日。

 

これからの日本の未来を背負っていく子供たちに、

日本の歴史、祝日の意味を理解してもらえたらなと思いここで、

子供でも分かりやすいようご紹介いたします。

 

昭和の日の意味って?? 分かり易く教えます!

 

スポンサードリンク

 

昭和時代を過ごしてきた方なら、4月29日は昭和天皇の誕生日で「天皇誕生日」でした。

しかし、時代は平成に変わり、平成天皇の誕生日は12月23日なので

12月23日が「天皇誕生日」になりました。

そこで4月29日はどうなったかというと、

平日に戻すことはゴールデンウィークに影響が大きいため、

祝日のままにする事になりました。

 

そこで次に考えられたのが、4月29日の祝日の名前です。

「みどりの日」というのは聞いた事があると思いますが、

なぜ「みどりの日」になったかというと、

昭和天皇が植物や緑を大切にしていた植物学者だったことから、

緑にちなんで「みどりの日」とつけられたのです。

 

そんな「みどりの日」2007年に「昭和の日」に変わったかというと、

昭和時代は第二次世界大戦が起き、多くの方が犠牲になり、日本の歴史の中で

忘れてはいけない歴史の一つです。

第二次世界大戦後、日本は経済や産業で復活をします。

 

そんな歴史のある昭和の時代を忘れない為にも

4月29日は「昭和の日」という名称に変更されたのです。

 

 

昭和の日を教えるには?? 子ども向け説明法!

 

こどもにカレンダーを見た時に祝日の「〇〇の日って何?」と聞かれる事はないですか?

そんな時子供でも分かりやすく理解してもらえるよう、ここで「昭和の日」について

ご説明いたします。

子どもに「昭和の日って何?」と聞かれたら、

 

「昭和という時代には戦争があり、

戦争で負けた日本が経済や産業で様々な発展をみせた時代で、

今の日本が平和なのは、それらの時代があったからだよ。

 

これらの歴史を理解し、これからの日本に生かしていくためにも

昭和というのを、忘れないようにという意味で昭和の日というのがあるのだよ。」

 

と説明するのがおすすめです

 

 

さいごに

 

今の子供たちは戦争を知りません。

そんな子供たちに第二次世界大戦が起きた激動の昭和について

しっかり理解してもらい、今の平和の日本のありがたみ、

大切さをしっかり教えてあげましょう。

 

スポンサードリンク