スポンサードリンク

 

みんなで楽しくバーベキュー!

いいですよね~!

 

さて、そろそろ片づけをしようか…という時にいざとなると

片づけ方がわからないのが、使った炭ですよね^^;

 

きちんと処理しないとマナー違反になってしまいますので、気をつけましょう!

 

初心者も大丈夫!バーベキューの炭の後始末を徹底解説します!

 

実は意外と知られていない炭の正しい捨て方

よく見かけるのは、炭の上から水をかけて消火する…というやり方です。

ですが、これはまだ熱い炭に水をかけると水蒸気と灰が舞い上がり、

周りに大迷惑をかけてしまうという、マナー違反のやり方なんです。

 

また、水をかけてしまったことにより炭や灰が広がり、

来た時よりもその場所を汚してしまいます。

 

スポンサードリンク

 

初心者でも困らない炭の処理の仕方

炭捨て場がある施設でバーベキューをすることです。

荷物も減らすことができますし、捨てる側としても安心です。

 

自分たちで処理する場合

金属製のバケツに一つ一つ炭を静かに入れて消火し、持ち帰り、

炭は燃えるごみとして出します。

 

火消しツボを使う

ホームセンターなどでは火消しツボというものが売られています。

火消しツボに炭を入れるだけで自然消化してくれますし、

持ち帰りもしやすいのでバーベキューを毎年楽しみたい方には購入をオススメします。

 

バーベキューの炭を処理する時に注意すべきポイントとは?

 

炭を処理する時の注意点としては…

 

時間に余裕をもって消火し始める

持ち帰る場合は事前準備が必要

火消しツボは良いものを選ぶ

です。

 

一度残った炭はなかなか消火しません。

時間がない場合にはバケツに水を入れて消火することをオススメします。

 

しかし、バケツにいれて消火した場合でも、その炭をバケツから取り出し、

持ち帰らなければいけません…

 

水につけた炭をどうやってもって帰ろうか?とならないように

ゴミ袋を多め用意し、水漏れや汚れに対応できるように、

新聞紙や段ボールなどを持参していきましょう。

 

火消しツボを使う場合は、炭を入れて消火すると、

中の気圧が変わり、蓋が空きにくくなることがありますので

こちらも良いものを選ぶようにしましょう!

 

火消しツボのついて詳しく知りたい方はこちらをご覧くださいませ。

 

 

さいごに

 

 

意外と知られていない炭の処理の仕方。

初心者さんは炭捨て場がある施設を利用されることをオススメします^^;

荷物を減らせるのは助かりますし、利用する側としては火災などの心配なく

安心して楽しむことができます!

 

来た時よりも美しく…とよく言いますが、

きちんとマナーを守って、バーベキューを楽しみしょう^^

 

スポンサードリンク