スポンサードリンク

紫外線アレルギーって知っていますか??

日光過敏症とも日光性皮膚炎とも言いますが、

紫外線が原因で皮膚がかぶれたり、かゆくなったりする

アレルギーのことです。

 

花粉症と同じようにある日急に発症し、完治することが難しいといいます。

 

誰でもかかってしまうかもしれない紫外線アレルギーについて

予防と対策を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

紫外線にはくれぐれもご用心!アレルギーで顔にこんな影響が?!

 

 

紫外線アレルギーになると体・顔にさまざまな症状が出てきます。

皮膚に症状が出る「外因性」「内因性」とありますが、

一番症状がでやすいと言われている顔について調べてみました。

 

顔に出る症状は…

  • かゆみ・かぶれ
  • じんましんなどの発疹
  • 肌が腫れる

などがあります。

また、目の充血や涙が出るといった場合も紫外線アレルギーの症状です。

 

女性はメイクもしますし、かゆみやかぶれがあるとそれだけで気分が沈んでしまいますよね…

また、症状がひどくなってしまって跡が残ってしまった!

なんてことにならないようにしたいものです!

 

しかし、この紫外線アレルギーは、

日焼け止めや化粧品が原因で症状が出てしまう場合もあり、

素人ではなかなかわからないものだそうです。

 

化粧品が合わなかっただけかもしれない…と自分で判断せずに、

このような症状がでたときにはすぐに皮膚科を受診しましょう!

紫外線アレルギーについて症状をもっと詳しく知りたい人はこちらを見てください。

 

 

紫外線は絶対浴びたくない!今すぐできるアレルギー対策まとめ

 

 

紫外線アレルギーになってしまったら、

その後は紫外線を浴びないようにしなければいけません。

 

対策としては、

  • 帽子やサングラスなどをつける
  • 肌を出さないように長袖を着る。
  • 日傘をさす
  • マスクをする

などなど…

 

春先など日傘をさすにはちょっと早い気がするし目立つのは嫌だし…というときは

帽子&サングラスで予防するしかないですね^^;

今はマスクもUVカットつきの可愛いものが出ていますので、

花粉症のひとに紛れてマスクで予防という手もあります。

 

可愛いUVマスクを探しているひとはこちらをご覧になってください。

 

 

また、日焼け止めや化粧品が原因で発症してしまう場合もありますので、

低刺激なものを選ぶようにしましょう。

「セラミド」・「コラーゲン」・「ヒアルロン酸」などが含まれる化粧品を選ぶと

いいそうです。

 

さいごに

 

 

皮膚のアレルギーはかゆみだけでなく発疹がでたりして跡が残ってしまうこともあります。

また紫外線アレルギーは子供がなると、そばかすの原因になってしまうそうです…

 

かかってしまった場合は少しの間、外出やお化粧を我慢して、

皮膚科で処方してもらった薬ですばやく治してしまうのが一番です。

その後も紫外線の浴びすぎに注意して症状が出ないように予防しましょう!

 

スポンサードリンク