スポンサードリンク

 

幸せな結婚を夢見る女性なら、みなさん一度は耳にするであろう「ジューンブライド」。

 

そのことばの通り「6月の花嫁」という意味ですが、

最近では「ジューンブライドは幸せになれる」というイメージが定着しています。

 

ジューンブライドの由来はどこから来ているのか調べてみることにしました!

 

ジューンブライドの由来!最も有力な3つの説

 

そもそも「ジューンブライド」の起源はヨーロッパにあります。

縁起がいいとされるとされる理由と一緒に見てみましょう!

 

①     結婚生活を守護する女神 Juno(ユーノー)

ユーノーは、ローマ神話で結婚生活や出産を司る女性の守護神とされています。

 

このユーノーが祀られているのが、もうすでにおわかりですね!6月なんです!

 

June(6月)の由来となった女神さま(Juno)が

見てくださる月に結婚することで、

家内安全や安産祈願の願いを込めていたのでしょう。

 

②     ヨーロッパの時代背景によるもの

当時のヨーロッパでは、農業が産業の中心でした。

 

人手が必要な農業では、繁忙期には家族総出で作業をするのが一般的でした。

 

ヨーロッパでは3月から5月がその季節にあたり、結婚を禁止されるほどでした。

 

そのため、6月になると結婚を心待ちにしていた多くのカップルが結婚し、

「6月の花嫁」が幸せの象徴となったのです。

 

③     ヨーロッパの天気によるもの

日本では6月というと天気が良い日は少ないですが、ヨーロッパでは雨の日が少なく穏やかな気候です。

 

天気に恵まれる6月は結婚式を挙げるベストシーズンだったのです。

スポンサードリンク

 

ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

 

日本の6月といえば…そう!シトシトと雨が続き、湿度もジトジトと高くて憂鬱な「梅雨」の季節ですね。

 

梅雨といえば…湿気で髪が乱れたり、混雑している満員電車は人いきれで気分が悪くなるし、

あまりいい季節とは言えません。

 

実は、結婚式場もこの季節は料理が傷みやすく、よいお天気にも恵まれないので、

料金が割安になっているのです!

 

そこで、ブライダル業界では「ジューンブライド」というイメージを国内に定着させ、

梅雨の時期に結婚式を増やそうと考えました。

この宣伝が功を奏し、「6月の花嫁」=「幸せになれる」という思想が根付いてきたのです。

 

ちなみに、日本でのジューンブライドの起こりは1950年代後半です。

ここ最近騒がれているような気がしていたので、意外と昔から存在するのだと驚きました。

 

さいごに

 

「幸せな花嫁」になりたくて、6月に結婚式を検討しているカップルの方もいらっしゃるかと思います。

 

天気に恵まれなかったとしても、新郎新婦・ご両家のみなさんにとって思い出に残る式になるのが1番です。

 

夫婦が末永く幸せな家庭を築いていけるように、

人生の節目としてステキな式になるといいですね!

 

スポンサードリンク