スポンサードリンク

 

もうすぐ子どもの入学式。

ランドセルに学用品、子どもの服も買って、ビデオカメラも用意して…

慌ただしい日々ですが、ママ自身はどうでしょうか? 

入学式の服装、もう決まっていますか?

 

小学校も中学校も、入学式は一度しかありません。

子どもの一生に一度の行事だからこそ、

どんな服装で行ったら良いか迷う方も多いと思います。

 

実際、スーツで出席されるママが多いのですが、着物姿のママもちらほら見られます。

他のママたちからの羨望のまなざしが向けられる和装。

やはり華やかさと気品が段違いです。

 

祖母や母から譲り受けた着物があるものの着る機会がない…という方も、

普段からちょっと着物に興味があるという方も、

入学式という特別な日に、ワンランク上のオシャレをしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

入学式にどのような着物を着ていけば良いの?

 

「着物」と一口に言っても、種類や格式がいろいろあるので、

そのときのシーンにふさわしいものを選ぶ必要があります。

 

では、入学式にはどの着物がよいのでしょうか?

 

よく着られているのは、「訪問着」、「色無地」、「付下げ」など。

いずれも、既婚・未婚問わず着用できるものです。

 

訪問着は正装の一つで、結婚式やパーティーなど、幅広いシーンで着られます。

鶴や亀など縁起物の模様があるものからモダンな柄まであり、種類は豊富です。

 

色無地は色で染めた無地の着物のことで、1つ紋で略礼装とされています。

入学式ならば、紋が無くても、上品な袋帯を締めたりすれば大丈夫です。

 

付下げは訪問着より略式ですが、正装からちょっとした外出用まで幅広く着られています。

 

入学式は式典ですので、上記のどの着物においても、落ち着いた上品な色柄が良いでしょう

また、帯の結び方は、袋帯の「二重太鼓」結びが、お祝いの場にふさわしいとされています。

 

着物が決まったら、次は髪型ですね。

着物には着物に合うヘアスタイルというのがあります。

ミディアムでもロングでも、まとまりのあるヘアスタイルがオススメです。

 

 

入学式には着物を着たいけど、ヘアスタイルはどうしようかな?

 

入学式当日は予想以上にバタバタするものです。

子どもの身支度に追われるので、自分でパパッとできるヘアスタイルが良いでしょう。

 

■ロングヘアの場合

 

ロングヘアだと長さが十分にあるので、キレイなアップスタイルができます。

後頭部で一つにまとめてねじったら、ヘアアクセで留めるだけで華やかな雰囲気になります

真珠の髪飾りを使うと入学式にピッタリですね。

また、編み込みをして襟足でまとめても素敵です。

夜会巻きも人気があります。

 

■ミディアムヘアの場合

 

一つに結んでお団子風にしたり、ねじって留めたりすれば、アップスタイルが作れます。

短い髪の毛が落ちてしまう場合は、ユーピンなどを使いましょう。

また、「くるりんぱ」ができるなら、自在にアレンジが楽しめます。

 

■ショートヘアの場合

 

特に何もできないからそのままで良いと諦めてはいけません。

ワックスを付けたり、毛先を軽く巻くだけでも、雰囲気が変わります。

 

 

ぜひ知っておきたい入学式の着物のレンタル代の目安はこちら!

 

着物は保存状態に気を付けないと傷みやすいものです。

収納場所もとりますし、クリーニング代もかかりますね。

 

最近では、そのような心配がないレンタルが一般的です。

レンタルの会社もたくさんありますので、

検索して自分の条件にあうところを探してみましょう。

 

気になるレンタル料金ですが、はっきり言って「ピンキリ」です。

訪問着・袋帯・帯揚・帯〆・長襦袢・肌襦袢・草履他、

全てが揃ったフルセットのレンタルでも

1万円以下のものから8万円ぐらいするものもあります。

また、ブランド着物であっても2万円から借りられるところも。

 

金額差は、素材の差が大きいと思います。

正絹は高く、ポリエステルなど化学繊維は安い、ということです。

これは着物に限ったことではありませんね。

ポリエステルの良さは、食べこぼしや雨などの汚れに強いという点です。

ご自身の予算や重要視するポイント、好みに合わせて選んでみてくださいね。

 

そして、忘れてはいけないのが、3月、4月は混むということ。

卒業式や入学式、歓送迎会など、需要が高い時期なので仕方がないですね。

着物を着ることを決めたら、早めに予約しておくことをオススメします。

 

 

さいごに

 

入学式はお子さんの成長を祝う、喜びの場です。

ママの素敵な着物姿は、お子さんにとっても喜ばしいものではないでしょうか?

 

着物姿は目立つから…と敬遠する必要はありません。

着物は日本が誇る伝統的衣装であり、このようなお祝いの席ではむしろふさわしいのです。

目立つと言っても悪目立ちではなく、上品で知的な雰囲気ですので、

むしろ好印象を残すことができますよ。

 

自信を持って出席されて、思い出に残る入学式にしてくださいね。

 

スポンサードリンク