スポンサードリンク

 

入学説明会が終わると、いよいよ入学準備も本格的に始まりますね。

学用品を揃えに大型スーパーなどに行くと、

入学式用の子供スーツが並んでいるのを目にします。

そろそろ入学式の服装も考えないと…とママたちが悩み始める時期ですね。

 

女の子だとお友達の話を聞いて、

こんな服を着たいなど具体的な自分の主張がありますが、

男の子は、余程オシャレに興味がある子でないと、まずありません。

 

うちの息子もそういうタイプで、何色がいいか聞いても「知らな~い」と言うだけ。

全く興味なしでした(笑)

 

本人の希望がないなら、ママが頑張って探すしかありませんね。

一生に一度の入学式、おかしな格好をして悪目立ちするのだけは絶対に避けたいものです。

 

制服のないごく一般的な公立小学校の場合、

入学式では男の子はほとんどがジャケット着用です。

小学校といえども、入学式はきちんとした式典。

それなりにちゃんとした格好が望ましいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

我が子の入学式目前!イマドキの男の子スーツ事情はこちら!

 

入学式での男の子の服装は、ほとんどがブレザーにネクタイです。

ズボンは五分丈、七分丈、長ズボンなどいろいろありますが、七分丈が人気のようです。

 

ジャケットの色は黒や紺など、落ち着いたものが多いです。

グレーやベージュなどを着ている子もちらほら見かけます。

女の子が割と華やかな色が多いので、ダーク系でなくても、

赤や黄色など奇抜な色でなければ、それほど目立たないので大丈夫です。

 

最近の子ども用スーツはどんどんオシャレになってきており、

よく見ると細いストライプが入っていたり、二重襟だったり、

大人顔負けのものがたくさん!

 

いろいろな人気ブランドからも男の子用スーツがたくさん出ています。

ブランドものならではのスタイリッシュなデザインで、

フォーマルな場にピッタリの上品な雰囲気。

 

しかし、子どもはすぐに成長するもの。

奮発して買ったブランドスーツもあっという間に着られなくなります。

 

そんなときには、レンタルが便利!

収納場所にも困らないし、クリーニングに出す面倒な手間がかかりません。

お友達や親戚に借りるときのように、お礼など気を遣う必要もなし!

 

ネットで検索するとレンタルの会社はたくさん見つかります。

バーバリーやコムサデモード、ラルフローレンなどの

人気ブランドスーツも借りることができます。

送料はかかりますが、無料で試着できるところも。

 

せっかくの入学式、スタイリッシュに決めたいならレンタルにするのもオススメです。

 

 

入学式にピッタリ!男の子用スーツとおしゃれな着こなしをご紹介!

 

女の子の服装は、男の子と比べ物にならないほど種類が豊富です。

「男の子だから別にそんなに気合いを入れなくても…」

と思っても、やはりできるだけカッコよくしてあげたいもの。

 

全体の形は決まっていても、シャツやネクタイの色や柄など、

組み合わせを変えればいろいろなパターンが生まれます。

細かい装飾を考えてあげれば、個性の光るオシャレがちゃんとできるのです。

 

まずは、子どもに似合う色を見つけてあげましょう。

パパのワイシャツなどを使って、着せてみたい色を子どもの顔の下に近づけてみます。

そうしたら、顔が明るく見える色とくすんで見える色があることが分かるはず。

子どもの顔が明るく見えたら、それが似合う色なのです。

悩むときは白シャツを合わせれば間違いありません。

 

ネクタイを選ぶときは、柄よりも色を考えることが大事です。

スーツの色がダーク系ならネクタイは明るい色が良いし、

淡い色のスーツなら濃いめの色がオススメ。

 

肝心のスーツの色ですが、黒だとフォーマル感が高まります。

入学式だけでなく、冠婚葬祭に使える点からも人気の色です。

 

濃いめのグレーは落ち着いた印象。

しかし、シャツやネクタイの色を合わせやすく、様々なイメージに変えることができます。

 

紺系のスーツは、知的でどこか育ちの良い雰囲気になります。

シャツをパステルカラーにすると、オシャレにまとまります。

 

ベージュ系は、春らしく優しい印象になります。

靴下や靴は濃いめの色を選ぶと良いでしょう。

 

柄ものだと、細かめのギンガムチェックのスーツは遠目に見るとキレイに見えて、

オシャレ感抜群です。

一見カジュアルですが、上下同じ柄なので意外とキッチリして見えます。

入学後でもジャケットだけ、ズボンだけなどとカジュアルに着こなせるのも嬉しいポイント。

 

ジャケットの左胸にポケットがあれば、

ポケットチーフをあしらうのもオシャレに差がつきますね。

 

 

楽しい思い出にするために

 

入学式の服装はきちんと感が大事ですが、後で着る機会がほとんどないうえ、

すぐにサイズアウトしてしまいます。

もし、お下がりに回す予定がない場合は、少しカジュアルなほうが、

後で着られて使い勝手が良いと思います。

 

また、男の子は着なれないものを嫌がることも。

伸縮性のないジャケットやズボンは窮屈に感じるかもしれません。

そのような場合は、入学式の前から試着させて、少しでも慣れさせておくと良いでしょう。

式の途中で脱いでしまうようなことがあっては、元も子もありません。

 

我が家の場合、試着をしたかったので、子どもを連れて買いに行きました。

本人は買い物に付き合うのが面倒で、だんだんグダグダになってきたのですが、

試着させたとき若くて可愛い店員のお姉さんに

「カッコイイよ! ネクタイも似合って社長さんみたいね!」

と言われ、急にやる気モードに(笑)

さすが子供服売り場の人だなぁと思いました。

やはり、褒めるのは大事ですね(笑)

 

他にも、テンションを上げる手段の一つとして、

パパとお揃いの色のネクタイにするという方法もあります。

パパが出席される場合はオススメです。

 

どんなにオシャレな服装でも、子どもが笑顔でないと意味がありません。

後から写真を見て満足できるような、素敵な入学式になると良いですね。

 

スポンサードリンク