スポンサードリンク

 

日本の花粉症人口は2000万人以上と言われています。

花粉症患者に対する年間医療費は2860億円で、

花粉症が原因で仕事に集中できないなどの理由で労働に与える損失は650億円

とも言われています。

 

本当かどうかわからない数字ですけど、社会経済に与える影響は

もはや見過ごすことができませんね。

 

みなさんはどうやってこの花粉症ショックに立ち向かっているのでしょうか。

少し見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

花粉症でお困りの方にありがちな対策例 目がかゆい時

 

花粉の時期に地方をドライブしていると大量の飛散するスギ花粉を見ることがあります。

これだけでもなんだか鼻がムズムズしてきますね。

 

花粉の時期に目がかゆくなったり鼻がムズムズするのは、

単純に花粉が目や鼻に入ってくるから。

 

そのため花粉の体内への侵入を防ぐ方法としてゴーグルをつけたりマスクをしたり。

フル装備だともはやあなたの面影はありませんね(笑)

 

でもマスクはわかりますけど、ゴーグルって

よほどのことがない限り街中では浮いちゃいます。

 

でも最近はメーカーからおしゃれな花粉対策用のメガネが出ているらしいですよ。

花粉対策用とはいっても見た目は普通のメガネ。

なんでも花粉カット率が設定してあって、それが高いほど効果が高いそうです。

なんかメガネの隙間から花粉入ってきそうですけど(笑)

 

でもメガネをするだけで目に侵入する3分の2以上の花粉を防ぐことができるようなので

試してみる価値は十分にありますね。

 

メガネと肌の間に隙間がないものもありますが、曇り対策をしないといけないという

デメリットもあります。

 

このような対策法があるかも!?花粉症の私の体験談【目のかゆみ編】

 

実は私は20年程前から花粉症です。

そんな私が目のかゆみが軽減した方法をお伝えいたします。

※個人差がありますのでご理解くださいませ

 

以前から、目のかゆみに苦しめられていた私。

普段からメガネをかけていましたが、ある時コンタクトに切り替えました。

特に花粉の時期になると、コンタクトを目に入れているので、

こすってはいけないという意識が働くため、

目をこするということをしなくなりました。

 

そして外出する時は、メガネも着用することに。

(もちろん、度の入っていないメガネです)

 

すると、以前、目がかゆくてたまらなかった私が、

目のかゆみが和らいだのです。

もしそれでも目のかゆみがひどいという場合には、

点眼という方法を試すと、目のかゆみもおさまりましたよ!

 

なぜ目のかゆみが治まったのかは分かりませんが、

目にコンタクトを入れると、花粉が遮断される気がしております。

その上、念入りにメガネをかけると、目の中に花粉を入るのを防ぐのではないか

と思うようになりました。

 

専門家からの意見ではありませんが、あくまで花粉症の私が

目のかゆみが改善した方法になります。

 

 

 

花粉症あるある!花粉症対策には薬を飲んでいる?

 

 

いまのところ花粉症にはこれといった完治の方法はなく、

ただ症状を緩和する対症療法が主です。

 

ヨーグルトを食べて免疫力を高めたり市販の薬剤に頼ったり。

あの薬がいいとか悪いとかいろんな情報が飛び交っています。

2000万人も花粉症の人がいるなら一大ビジネスですね。

 

あの有名人がこの方法は効いた!というだけで市場が動く。

なにか陰謀を感じます(笑)

花粉が飛ばない地域に引っ越す方もいるほどです。

 

ただ花粉症対策の薬の服用には賛否両論です。

市販の花粉症薬が多くあり、ドラッグストアでも入口のすぐそばに置いてあります。

副作用などの心配からできれば飲まないほうがいいという医者に対し、

ストレスから解放されるために服用するほうがいいという医者もいます。

どちらの意見も正しいと思います。

 

薬を服用される場合は自分に合った薬の成分を知る。

という意味で市販の薬を買う前に、一度お医者さんに相談してみるのが

いいかもしれませんね

 

私は花粉症ですが、以前、副作用が怖くて薬を飲むべきではないと考えておりました。

ですので、鼻水がタラタラ出て、ティッシュをかんだりしておりました(汗)

鼻をかみすぎて、花粉の時期はいつも鼻の下はヒリヒリして辛かったです。

 

また、学校の授業も集中できず、大人になると仕事にも集中できない…

ということで困っておりました。

 

そんな時、耳鼻科を行く機会があり、医師に相談すると、

薬を処方するので一度試してみたら?ということで、

効果がないと思いつつ服用してみると。。。

 

くしゃみの数が減り、以前のように鼻水もタラタラ出ることはありませんでした。

 

このことより、今まで辛い症状で我慢していたのは

一体なんだったのか?と思ってしまいました。

 

日常生活に支障をきたすと辛くなりますので、

症状が和らぐのであれば、一度薬を服用して試されてみてはいかがでしょうか?

 

 

さいごに

 

 

花粉で前が見えなくても世間の荒波を突き進んでいかなければならないあなたにも

きっと医療の進歩で救われる日が来るはずです。

 

現在では減感作療法といった、あえてアレルゲン物質を投与して少しずつ花粉耐性を高めて

完治に近づける方法もあります。

花粉症があまりにもひどい人は、一度病院に行って相談されてみていはいかがですか?

 

ただ、花粉症の対策を自分でしたいという方は、

今できる、メガネ・マスクを着用し、薬を正しく服用しながら

花粉症とうまく付き合っていくことから始めてみましょう!

 

スポンサードリンク