スポンサードリンク

 

花粉症で頭痛に苦しんでいる人がたくさんいること知っていますか??

 

花粉症の症状としては、鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどがよく聞かれますが、

これらの症状が頭痛を引き起こすのです。

 

頭痛が起こると、仕事や家事に集中できないですよね…

 

私自身もアレルギー性鼻炎なのですが、

鼻が詰まる…何度も鼻をかむ…くしゃみもでる…

これを繰り返していると、頭が重く頭痛がしてきます。

 

花粉症も原因は同じです。

花粉が体内に入り鼻が炎症をおこします。

鼻の粘膜が腫れて空気の通り道が狭くなり、さらに鼻をかむことによって

脳への酸素の供給が少なくなり頭痛を引き起こすのです。

これにまだ目のかゆみなども症状としてあるのですから、花粉症の人はたまらないですよね!

 

スポンサードリンク

 

実は風邪と間違えやすい花粉症!頭痛や寒気がした時の見分け方

 

花粉症と一言で言っても症状はひとそれぞれですよね。

中には鼻水と頭痛だけだから風邪をひいたかな?でもなかなか治らない…

なんて人もいるかもしれません。

 

そんな人は花粉症にかかっているかもしれません。

 

ではどうやって見分けたらいいのでしょうか??

 

見分けるポイントの一つ。

それは、「目のかゆみ」です。

普通の風邪ではまず目がかゆくなることはありませんので、

これはわかりやすいかと思います。

 

二つ目は「鼻水」です。

花粉症の鼻水は透明でさらさらです。

それに比べて風邪症状の鼻水は、

はじめは透明でも粘り気のある色のついた鼻水に変化していきます。

 

三つ目は、「くしゃみ」です。

花粉症は連続してくしゃみが出るのに対し、

風邪では頻繁にくしゃみをすることはありません。

 

また、花粉症は天気によって症状の重い日軽い日がありますが、

風邪は天気に関係なくひいてしまいますよね。

風邪をひいてしまった!と決めつけずに、

この三つの症状が一週間たっても収まらない場合は

花粉症の疑いがあるので、病院を受診してみましょう。

 

 

花粉症のあなたも経験済み?頭痛や吐き気の原因

 

 

花粉症による頭痛は鼻が詰まり、また頻繁に鼻をかむことによって

脳が酸欠状態になっておこりますが、

この、脳が酸欠状態になることによって吐き気も引き起こすそうです。

 

症状がひどい人は花粉が飛ぶ何ヶ月間も、

このような不快感に悩まされるのですから、

辛いですよね。

 

しかし、鼻の通りをよくして酸素を脳に十分に送ることができれば、

頭痛も吐き気も症状が軽くなります。

 

症状か軽い、重いに関係なく、思い当たる人は早めに受診し、

薬を処方してもらいましょう。

 

花粉症での頭痛が憂鬱…あまりにもひどい時は?

 

花粉症からの頭痛になると、日常生活を脅かしますよね。

 

家事や仕事、勉強に集中できなかったり。

夜、ぐっすりと眠れなかったり。

 

私は花粉症になってから20年程になりますが、

毎年春の時期は憂鬱です。

 

しかし、うまく花粉症と付き合うことが大切だと感じております。

 

ここ数年間は、辛いと思ったら病院へ受診していますが、

今までは病院嫌いだったため、我慢していました。

しかしある時、辛抱できなくなり、病院に行って薬を処方していただくと、

症状が楽になったのです。

 

なぜもっとはやく受診しなかったのか…

と思ったものでした。

 

もし、あなたも病院嫌いだったとしたら、

ムリせずに、病院に受診しに行かれることをオススメいたします!

 

 

さいごに

 

国民病ともいわれる花粉症ですが症状はさまざまです。

今花粉症になっていない人も今後なるかもしれない病気ですので、

気をつけていきたいですよね。

 

花粉症には、鼻水、目のかゆみが一般的ですが、

酷くなると、頭痛の症状が起こります。

そうなると、日常生活に支障をきたしますよね…

 

予防対策としては、体の免疫機能を上げることが一番大切なのですが、

これには日々の食生活や生活習慣などが大いに関係してきます。

 

一番の花粉症の対策としては、体質改善をすることといわれていますね!

 

適度な運動、十分な睡眠、食事などを普段から心がけ、

花粉症に負けない体づくりをしていきましょう!

 

スポンサードリンク