スポンサードリンク

 

アレルギー疾患のひとつである花粉症。

国民病とまで言われているのにそのメカニズムまではいまいち理解されていないのが現状。

花粉症と聞けば思いつくのが目のかゆみと止まらないくしゃみですね。

実はその他にも風邪と似た症状があるんです。

これからいくつかその症状を見ていきますので、花粉症だからと仕事だからと無理をせず

少しは体を休ませるきっかけになれば幸いです。

 

花粉症と風邪の見分け方!熱38度は花粉症にもある?

 

 

 

花粉症で熱が出るってあんまり聞いたことないですよね。

でも花粉症も風邪と同じようなメカニズムで熱が出ることがあるのです。

 

そもそも風邪の時に体が発熱するのは、風邪の原因となるウィルスと体内の白血球が戦って

体温が上昇するから。

ウィルスは高温に弱いことを白血球は知ってるんです。

これと同じで体内に取り込まれた花粉に対しても白血球は反応します。

そのときにちょっと体内はヒートアップしますが完全に悪性のものではないので、

ちょっと熱を出すくらいです。

 

だいたい37度の微熱の場合がほとんどで、38度の高熱にまでなると風邪かインフルエンザを

疑ったほうがいいかもしれません。

白血球が頑張って戦って疲れている隙を疲れたんでしょうね。

熱が38度をこえる場合は花粉症だと思い込まずに早めの受診をお勧めします。

 

スポンサードリンク

 

花粉症で発熱は本当!?寒気や関節痛は起こる!?

 

さきほどは発熱の原因が花粉と白血球の戦いによるものだということを伝えましたが、

このことがきっかけで風邪の時と同じように寒気関節痛が起きるんです。

それは白血球が体外からの侵入者と戦うときに白血球からサイトカインという物質を

分泌することが原因です。

サイトカインという物質はウィルスから身を守るためのものなんですが、

あまりに多くの量が分泌されると臓器機能不全を起こしかねないんです。

 

そんなことになっては困るからサイトカインの発生を抑制するのがPGE2 という物質。

このPGE2 に発熱や関節痛を引き起こす作用があると言われています。

 

咳が止まらない症状になることも?!

 

花粉症の話題になるとき、鼻水やくしゃみ、目の痒みの症状はよく聞きますが、

実は「咳が止まらない」というものもあります。

この時期は、風邪やインフルエンザも流行するため、咳が出ても、

そちらの病気を疑ってしまいますよね。

 

一見、見分けがつきにくいですが、風邪の咳と花粉症の咳とでは原因が違うので、

症状も少し違います。

 

そもそも、なぜ、花粉症で咳が出るのでしょうか?

 

それは、花粉症によって大量に出た鼻水が喉の奥に流れるため、

それを排出しようとするからです。痰が出るのもそのせいですね。

 

その他にも、鼻づまりによって口呼吸になり、気道が乾燥してしまう、または、

口から花粉が直接気道に入り込んでしまうという原因も考えられます。

 

では、咳が止まらないときはどうしたら良いのでしょうか?

 

一番良いのは、病院に行くことです。

その際は、呼吸器科か耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

しかし、忙しくてなかなか病院に行くのが難しい場合もありますね。

そんなときは、症状をやわらげる方法を実行しましょう。

 

◎部屋の湿度を上げる

加湿器を利用したり、洗濯物を室内に干したりして、湿度をアップさせておきましょう。

 

◎のどを潤す

冷たい飲み物はNG! 温かい緑茶や生姜湯、はちみつ入りの飲み物が効果的です。

また、パイナップルジュースも効果があるといわれています。

 

◎マスク

外出するときの必須アイテムです。しっかり鼻や口元にフィットするものを選びましょう。

乾燥を防いで咳をおさえるのはもちろん、一番の原因である花粉そのものを

シャットアウトしましょう。

 

◎寝るときは枕を高くする

横になると気道が狭くなり、さらに咳がひどくなります。

クッションや座布団などを利用して、15~20㎝ぐらい頭のほうが高くなるように

調節しましょう。

 

 

花粉症の人が咳が止まらなくなったら!喘息の症状かも?!

 

「咳喘息」という言葉を耳にしたことはありませんか?

これは気管支の病気です。だいたい2週間以上、空咳が続いている場合は、

咳喘息が疑われます。

 

喘息というと、呼吸のときゼーゼーという音が出ることをイメージしがちですが、

そのような音はなく、呼吸困難にもなりません。

 

もともとアレルギーのある人は咳喘息になりやすい傾向があるので、

花粉症で咳が止まらないとなると、咳喘息を起こしているかもしれません。

 

 

花粉症のあなたは大丈夫?咳やたんが出たら気を付けること

咳喘息は、夜から明け方に咳が止まらなくなることが多くみられます。

一刻も早く咳を止めたい!…と、咳止めを飲んでもあまり効かないといわれています。

 

治療には、喘息の薬が用いられます。気管支を拡張させる薬や、

吸入のステロイド薬などです。

 

それゆえに、病院で診てもらうのが一番の近道なのです。

 

咳喘息は、時間がかかりますが、自然に治るといわれています。

しかし、ひどくなると喘息に移行することもあります。その割合は、およそ3割!!

 

また、咳だけでなく、痰が出た場合は要注意!

鼻水が出ているから痰も出る、という単純なものだけでなく、

痰にもいろいろな原因があります。

 

特に、黄色い痰が出た場合は、副鼻腔炎(蓄膿症)や肺炎が疑われます。

悪化する前に、すぐに病院を受診したほうが良いでしょう。

 

 

とにかく早めの処置を

 

いろいろな新しい花粉症の治療法が出てきてはいますが、

簡単に完治するというのはまだ難しいようです。

 

毎年のことだから…と放置していると、咳喘息から気管支喘息になるなど、

のちのち大変な状態になってしまいます。

 

後悔しないためにも、おかしいと感じたら、症状が軽いうちに

専門機関を受診することが大切です。

 

さいごに

 

 

いかがでしたか?

花粉症にも、熱が出たり、咳が出たり…

風邪の症状と似ていて、見極めが難しいです。

 

目のかゆみがある、風邪とは違ってくしゃみや咳が続く、鼻水がサラサラだったら

花粉症だと思ってもらっていいかもしれません。

 

もちろん例外もあり花粉症と風邪では治療法も薬も違うので、

なんかいつもと違うなと感じたら早めの受診を!

 

花粉症だから仕事休みますでは通用しないのがつらいところですね。

どうかせめて仕事が終わったら無理をせず、まっすぐ帰ってゆっくりしましょう!

 

スポンサードリンク