スポンサードリンク

 

あなたは特に理由も無いのにイライラして、

何も手につかなくなることはありませんか?

 

それは10年前と比べてどうでしょうか。

 

以前は気にならなかった様な些細な事にイライラしたり、

そのイライラが引っ込みにくくなっていませんか?

 

そしてイライラしている自分にまたイライラ……

 

どうしてイライラしているのかわからない時程

自分にイライラしちゃいますよね。

 

悪循環に陥ってはいませんか?

 

今回はそのイライラの原因と解決法についてお話ししようと思います。

 

スポンサードリンク

 

イライラの原因は〇〇にあった!?

 

 

ひとえにイライラと言っても、

 

  • 対人ストレス
  • 自分へのストレス
  • ホルモン関係ストレス

 

が思い浮かぶと思います。

 

それではひとつずつひも解いてみましょう。

 

対人ストレス

 

・人の悪口ばかり言う人

・口に物を入れながら喋る人

・自慢ばかりの人

・自分が良ければ他の人(貴女)の事を蔑ろにする人

 

こういう人は誰の周りにも数人はいるものです。

 

自覚出来るストレスだけではなく、以下のものもあります。

 

・歩いていてぶつかってきたのに謝罪なし

・電車で座ろうと思った席にタッチの差で誰かが座った

・コーヒーショップで注文しようとしていたドリンクが前の人で売り切れ

・指定時間通りに来てくれない宅配便

 

自分へのストレス

 

次に自分へのストレスです。

このようなことはありませんか?

 

・どうしても給料日までにお金が足りない/お金管理のミス

・嫌なのにNOと言えない

・休日に寝過ごしてやりたい事を出来なかった

・いつまで経ってもダイエットの効果が現れない/継続出来なかった

 

ホルモン関係のストレス

 

・生理前/生理中

・ホルモン異常の病気

・更年期

 

女性なら、生理前や生理中のイライラはお分かりですよね?

自分ではどうすることもできないけれど、イライラが続く…

辛いですよね。。

 

イライラ解消に効果的なとっておきの方法をご紹介!

 

さて、前述で当てはまるものはありましたか?

 

それではそれぞれの具体的な解決法を見ていきましょう。

 

対人ストレス

 

自分が変われば世界は変わる

 

という言葉を耳にした事はありませんか?

 

大半の人は、

自分が変わったってあの人なんか変わらない!

と思って諦めてしまいます。

 

そう簡単に、相手は変わりません。

 

この言葉の真意は、

「自分が変わる事で、些細な事は気にならなくなる」

「変わった自分に、周りの人の対応も変わる」

というものです。

 

だらしのない友人と距離を置く事は簡単です。

しかし相手がパートナーや仕事関係の方だとそうはいきません。

 

ではどうやって自分が変わるか?

 

簡単な事です。

 

「相手を赤ちゃんだと思う事」

 

これは一流ホステスの方も実践している事で、

どんなに我儘なお客様の要望も、

相手が赤ちゃんだと思えば可愛くて愛しく思える、との事です。

イヤイヤ期の子供でもいいでしょう。

 

そのように思うと、どうでしょう??

 

何だか楽になりませんか?

 

自分へのストレス

 

自分で自分を責めたり落胆するのは辛い事です。

自分を責めて仕舞った時は、

なにがあって、なにになるのかを紙に書き出してみて下さい。

 

スケジュール帳に書くのもいいですね。

 

「今月はお金を使いすぎてしまった」のなら、

「今月はたくさん自己投資した。来月はそれを身にしよう」

 

事実を受け止めながらも、その事実のお陰で生じる事は必ずあります。

あまり自分を責めないでくださいね!

 

ホルモン関係のストレス

 

そして自覚症状が出にくいのがこちらです。

 

  • 生理前/生理中
  • ホルモン異常の病気
  • 更年期

 

生理中は食事も服装も身体が温まるものにする。

生理痛は低脂肪牛乳や飲むヨーグルトで緩和されるという噂もあります。

パートナーに理解して貰うのも大切ですね。

 

そして怖いのが、

ホルモン異常の病気と更年期です。

 

これらは症状が似ている為、本当は病気なのに更年期と思い込んで、

病気がかなり進行して仕舞ったケースも少なくありません。

 

これらは自分判断ではわかりませんので、

年1度~2度健康診断をする。

 

更年期かな?と思ったら1度病院に行ってみる。

 

というのが、他の病気の発見にもなるのでおすすめです。

 

治療をすれば改善されるイライラも少なくはありませんよ。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

当てはまるものはありましたか?

 

そんな事が?と思うようなものでも、ストレスが蓄積されているのかも知れません。

 

相手を赤ちゃんと思う。

あのアクシデントのお陰で、このハッピー!

大丈夫、と思わないで必ず病院に行く。

 

以上の3点が出来る様になると、イライラする事は少なくなりますよ。

 

イライラすると、日常生活にまで支障をきたしてしまうことがあります。

そして、そのイライラが他人にも伝染してしまうと、

人間関係まで支障をきたしかねません。

 

そのようにならないために、今回ご紹介しました3点について

 

まずはどれかひとつから、始めてみませんか?

 

スポンサードリンク