スポンサードリンク

 

冬至といえば、かぼちゃとゆず湯が有名ですね。

この時期になると、かぼちゃレシピが紹介されたり、銭湯にゆず湯が登場したり。

ニュースでもよく目にしますね。

 

では、夏至といえば…?

パッと思いつく人は少ないのではないでしょうか?

 

実は、あまり知られてはいませんが、夏至にも風習があるんです!

 

夏至は、だいたい6月21日頃。

一年のうちで最も太陽が出ている時間が長い、つまり昼が長い日のことです。

地域にもよりますが、冬至と比べると、何と5時間ほど差があるそうです!

夜7時頃まで明るいので、なんだか得した気分!? テンションも上がりますね!

 

スポンサードリンク

冬至にかぼちゃを食べる理由、夏至には…?

先ほどお話ししましたが、冬至の日にはかぼちゃを食べますね。

その理由の一つに、夏の間に収穫した栄養豊富なかぼちゃをとっておいて、

作物の収穫が少ない冬の時期に、少しずつ大切に食べたという説があります。

 

では、夏至はどうでしょうか?

 

昔は6月後半の時期、つまり夏至の頃に田植えをするのが一般的でした。

一年で最も忙しい時期なので、冬至のように、特定の食べ物を用意することが

難しかったのでしょう。

そのため、今でも行事的に、夏至はメジャーではないのです。

 

しかしながら、田植えが終わってからお祭りやお供えをする地域もあり、

そのようなところでは、決まった食べ物を食べる習慣が今でも残っています。

 

地域によって夏至によく食べるものがある!?

 

大阪では、夏至の日にタコを食べる風習があります。

ご存じタコは8本足ですね。

そのタコのように、稲が八方に根をはって豊作になるようにと願ったことが

由来といわれています。

 

同じ関西でも、京都は「水無月」という和菓子がよく食べられます。

これは、夏に氷を食べると病気にならないという平安時代の習わしが元になり、

氷をかたどった三角の「水無月」が広まったといわれています。

和菓子屋さんやスーパーでも売られているので、手軽に食べられるのがうれしいですね!

 

奈良では、多くの農家で小麦と稲の二期作をしていたことから、

とれたての小麦ともち米を混ぜて半夏生餅を作る風習があります。

 

関東地方でも小麦餅を作ってお供えしたり、田植えを手伝ってくれた人々に配り

感謝を表したりしていたそうです。

 

福井県では、栄養満点の焼きサバが食べられています。

体力をつけ、暑い時期の田植えを乗り切るという意味があるそうです。

元は、殿様が農民たちに勧めた知恵だといわれています。

 

 

香川県では、やっぱり…うどんです!

今では「うどん県」とするほど、うどんを愛する香川県ですが、

昔からこの時期にはうどんを食べていたんですね。

 

 

現代版 夏至のイベント!

 

夏至の食べ物からも分かるように、これらの風習は、昔の人の生きる知恵であり、

ほとんどが農業と強く関係のあるものです。

 

しかし、田植えの経験もない現代人には、あまりピンとこないかもしれませんね。

 

「100万人のキャンドルナイト」というイベントを聞いたことはありませんか?

 

実はこれ、2003年から毎年、夏至と冬至に開催されているイベントなんです!

 

節電やスローライフを目的としていて、20時~22時の間、電気を消して、ろうそくを灯し、

スローな夜を過ごそうというものです。

 

古くからの風習を伝えていくことはもちろん大切ですが、

同時に、夏至や冬至の新しい過ごし方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク