スポンサードリンク

 

毎日スーツを着ている社会人の方にとっては大事な衣替えのタイミング。

季節や環境に合わせてスマートにスーツも着こなしたいところですよね。

 

でも気づけば自分だけスーツの衣替えが遅れていた、もしくは早かった…

とちょっぴり恥ずかしい経験がある方もいるのではないでしょうか?

それを知った時は、一日が早く終わらないかな…なんて思ってしまいます。

 

今回はそのような思いをしないようにスーツの衣替えに最適な時期をご紹介します。

 

一般的にも『最適!』と言われているスーツ衣替えのタイミング

 

スーツによってさまざまですがここでは大きく3パターンに分けてご説明します。

スポンサードリンク

パターン1:オールシーズンのスーツ

 

一つ目は年中使えるとされるオールシーズンのスーツ。

いつでも季節を気にせず着る事ができますが、真冬も真夏も同じスーツで良いのか

悩んでしまう方は、春や秋の大きく温度が変わる境目に活躍させるのもオススメです。

 

パターン2:春夏スーツと秋冬スーツ

 

そして最も多いと思われるのが春夏スーツと秋冬スーツで年に2回衣替えを行うパターン。

春夏用は4月から9月、秋冬用は10月から3月とされています。

 

パターン3:3シーズン用スーツ

 

最後に3シーズン用のスーツという物があります。

秋冬春と使えるので、6月から8月の夏の期間以外に着用します。

夏場に上着を着用しない方の場合、上着は3シーズン用のスーツのみで一年間過ごせます。

 

オールシーズン用以外の2点では一般的な時期を具体的に記載しましたが、

地域や毎年の気候によって差があるので1カ月程のズレがあると思いましょう。

温度の変化が激しい時もあるので3日程暑い日や寒い日が続いたら衣替えを検討しましょう。

 

スーツを衣替えする前に必須!お手入れや保存方法

 

衣替えによってスーツを長期間保存する前にはクリーニングに出しましょう。

あまり着ていない場合や、綺麗に見えるスーツでも意外と汚れているものです。

 

そしてクリーニングに出した後そのまま閉まってしまうのもNGです。

ビニール袋に入ったままだと通気性が悪く、カビが生える危険性があるので

必ず外しましょう。

その代わりにスーツ用の通気性の良いカバーを使いましょう。

ホコリからスーツを守る為にもカバーは必要です。

 

ハンガーも細い針金のようなものではなく、

厚みのあるなるべくスーツにフィットしたものにしましょう。

ズボン用のハンガーもあるので活用しましょう。

綺麗なスーツも型崩れを起こしてしまっては台無しになってしまいます。

 

あと要注意なのがクローゼットに入れる際に、周りに挟まれるようにスーツをしまうこと。

気付かずになりがちですが、あまり窮屈なスペースにスーツを入れていると

同じく型崩れの原因となります。

 

他の服よりはなるべく余裕を持たしてスーツは閉まっておきましょう。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

スーツの衣替えはあまり聞かないですので、

知らなかった人も多かったのではないでしょうか?

 

人それぞれ体感温度は違うので衣替えを考えるタイミングも様々です。

一般的な時期を参考にしつつ、環境に合ったスーツを選びましょう。

 

暑がりや寒がりでよく分からない…という方や、職場と外の温度差が激しい方は、

職場の方のスーツを参考にするのも良いと思います。

 

衣替えの適切なタイミングと正しい保存方法で、

綺麗に快適にスーツを着こなしてくださいね。

スポンサードリンク