スポンサードリンク

 

あなたは「犬派?」「猫派?」

ペットショップで、可愛いペットを見ると連れて帰りたくなりますよね?

 

今では、ホームセンターでもペットコーナーが充実していて、

いつでもかわいいペットたちを見ることができます。

 

だけど・・・ペットを飼いたいけど、アレルギーがねぇ~と思っている人、

意外と多いんですよね。

 

犬アレルギーより猫アレルギーの方が多いのも意外です!

 

猫アレルギー症状とは?

 

アレルギーの症状は、花粉症と似ていて、

鼻水

くしゃみ

目のかゆみ

 

そのほかに、湿疹

ひどい人は呼吸困難になることもあると聞きます。

 

原因としては、

脂腺から出てくる、セレクトグロビン

唾液に含まれる、リポラリン

 

毛づくろいして、抜け毛などが部屋中のほこりや塵と合体して毒素を作り、

それが人間の体に接触したり、吸入することによって、

アレルギーが出てきてしまうわけです。

スポンサードリンク

猫アレルギーなのに猫を飼いたいと思ったら?

 

対策としては、

まずは、アレルギーの元となるものの排除。

 

部屋の掃除はもちろん、空気清浄機を置くのもいいかもしれませんね。

 

猫自体は、毛づくろいなどで体をきれいにしているようですが、

ブラッシングなどをして抜け毛を減らしたり、

爪にもアレルギーの原因がありますから、爪とぎなどした後に、

掃除をすることも大切ですね。

 

かわいいと言って、ほほずりなどはなるべく避けるように。

 

体をなでたり、抱きしめた後は、手をきちんと洗いましょう。

 

出来れば、手指の消毒をしてから、猫ちゃんを抱いてあげるなど、

事前の対策もいいかも知れませんね。

アレルギーがあるからと、好きな猫ちゃんが飼えないなんて、切ないですもんね。

 

今は、ペットたちの種類に応じて、エサも多種多様。

抜け毛や、おしっこのにおいなどを軽減するものが、多く出回っていますので、

それらを使う方法もあります。

 

猫の種類でも、アレルギーの症状が出にくい種類もいますよ。

毛の短いもの

例えば、ロシアンブルーとか(値段はそこそこしますけど)

 

飼ったあとでは遅いので、どれだけの症状が出るか、ペットショップにしばらく通って、

状態を確認するのもいいかも知れません。

 

アレルギーがあるからとあきらめずに、

事前の対策や、

接触した後の処理などをきちんと行えば、猫を飼うことは不可能ではないと思います。

 

ただ、湿疹や痒みなどの症状がひどくなった場合は、

きちんとお医者さんに診断してもらってくださいね。

スポンサードリンク